岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

SEO対策本部が語る「ほんとうに効果のあるSEO対策」1

皆さん、こんにちは。私、SEO対策本部の“次男バディ”と申します。

 

今回から何回かに分けて「ほんとうに効果のあるSEO対策」についてご説明したいと思います。

 

今日は「インデックス数とSEO対策との関連性」について考えてみたいと思います。

 

まず「インデックス」とは何かについてご説明しましょう。

(それを知らないことには関連性を把握することはできませんので・・・)

 

インデックスとは?

 

理解しやすくするためにはじめに「たとえ」から話を進めると・・・

 

もしあなたが“岐阜県で実力のあるホームページ制作会社”を検索エンジンで探そうとしてときに、「岐阜 実力 ホームぺージ」と検索窓にキーワードを打ち込み、右側にある検索ボタンのアイコンを押すと、その情報と関連性のあるWEBサイトがズラリと表示されますよね。

 

「この仕組みってどうなっているの?」

こんな疑問を持った人は、おそらく「インデックスの意味」をすぐに取得できることかと思います。

なぜなら、インデックスを理解するためには、その仕組み自体を覚えておかなければならないからです。

 

まず検索エンジンは、「クローラー」と呼ばれる“WEB上に存在するHTML等のファイルを収集するためのロボット型プログラム”を使って、全世界のサイトを隅々までキャッシュ(チェック)していきます。

 

続いて、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、クローラーが獲得した情報を、データベースに格納していきます。(これは俗に言うインデックス処理と呼ばれるものです)

 

インデックス処理が終わると、検索エンジンはデータベース化=保存・管理されているWEBのサイト情報をもとにして、ユーザーが検索するキーワード(例えば岐阜、グルメ等)のリクエストに対して、最適な結果を表示します。

 

以上が「インデックスされる」と表現される簡単な説明になります。

 

つまり、インデックス数とは「検索エンジンに登録されているサイトURLの数」と考えればよいのです。

そもそも検索エンジンにインデックスされデータベース化されていなければ検索ランキングの対象にもなっていないわけなのです。

 

インデックス数=SEO対策?

 

さて「インデックス数とSEO対策との関連性」が今回のテーマになるわけですが、果たして本当にインデックス数が多ければ、それがすなわちSEOに効果的と言えるのかどうかということが問題になるわけです。

 

まず結論から話しますと、「インデックス数が少ないホームぺージよりもインデックス数が多いホームぺージが断然SEOの効果は期待できる」と思います。

 

とはいっても、質の低いコンテンツが100あるからと言って、高品質のコンテンツが10あるホームぺージと比較するとSEOとして効果があるのは後者だといえます。

 

つまり、コツコツとホームぺージにコンテンツを追加してインデックス数を増やし、さらには、そのコンテンツ自体の質を改善していくことが、結果的に検索エンジンからの評価が高まり、ユーザーに有益なWEBサイトになっていくのです。

 

ではインデックス数を調べる方法をここでご紹介しましょう。

 

Googleコンソールを使用することでインデックス数が分かる!

 

皆さんはGoogleが無料で提供している解析ツール、Googleコンソールをお使いでしょうか?

もしお持ちでなければ、無料で登録できるものなので、ホームぺージをよりよいものにしていきたければ導入することをオススメいたします。

 

まず最初にコンソールを開くと、右側にメニューバーがいくつか出てきます。

そのなかにある「Googleインデックス」をクリックすると、「インデックスステータス」が表示されます。

 

続いて「インデックスステータス」の左上部の項目「基本・詳細」の片方、「詳細」をクリックすると、「インデックスに登録されたページの総数」と「ロボットによりブロック済み」と「削除済み」のチェックできるようになるので、「インデックスに登録されたページの総数」にマークを入れると実際のインデックス数がでてきます。

 

さて話は変わりますが、同じSEO対策で重要な語句とも呼ばれている「リンクジュース」という言葉をご紹介したいと思います。

 

番外編リンクジュースとは?

 

リンクジュースとは「ホームぺージ内のあるコンテンツにリンクを張ると、リンクが張られたコンテンツ自体の「価値」が高まる」ことをいい、Googleが発表しているアルゴリズムの一つであり、一言で表すなら「支持票」といったところでしょうか?

 

つまり、リンクジュースとは、自社ホームページから外部のホームページにリンクさせたり、あるいは、自社のホームぺージ内でリンク付けを相互に行ったりなどすることによって、『リンクされたサイトに価値を付与する』ことなのです。

 

検索エンジンはリンクが張られた場合、そのWebサイトから一種の推薦として扱われ、「リンクが張られたWebページは周りに宣伝するだけの価値があるか?」を判断するわけであり、その価値を図る基準となるのが、ページランクの高いサイトからリンクジュースされていることが大切なのです。

 

だからこそ、内部リンクであろうが、外部リンクであろうが、リンクの量と質はかなり重要な要素とされており、ひいては検索結果画面で上位表示されたり、Webサイトへのトラフィックの量が増えたりするのです。

 

―ホームぺージを作るならT-laboにお任せ!ご契約いただいたお客様が「売り上げアップ」できるように・・・WEBサイトの運営からSEO対策、アクセス解析等を駆使して、集客向上を現実化させます。―

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ