岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

SEO対策本部が語る「ほんとうに効果のあるSEO対策」2

皆さん、こんにちは。私、T-labo でSEO対策本部にて活動しております“次男バディ”と申します。

 

まず初めに「SEO対策本部って何?」って思われた方かもいるかもしれませんので、

本題に入る前に説明しておきます。

(興味の無い方は飛ばしていただいてもかわりません)

 

このブログを何度となく読まれている方は、おそらく共通認識として一致している部分であるかもしれませんが、T-laboは「高品質のホームページ」によって、「売り上げを上げる」施策をとっております。

 

とはいっても、ホームぺージを作ったからといって簡単に売り上げがあがっていくような単純な話ではありません。

つまり「制作後の運用」が後の結果に大きく影響してくるわけであり、そのためにもT-laboの社内のなかでSEO対策本部を組織することでより効果の高く専門的なご提案ができる仕組みを作っているのです。

 

さて今回で「ほんとうに効果のあるSEO対策」の第2回に入ります。

 

今回は「HTMLソースコード」における重要なタグ要素について説明したいと思います。

 

重要なタグ要素 hタグ

 

そもそもホームぺージを構成する場合、タグで重要なのは「h1~h6」と呼ばれるタグをしっかりと設定し、読者に分かりやすいような階層づけをしていくことが大切となってきます。

 

タグをしっかりと構成づけることで、ユーザーにも、またクローラーにも分かりやすいコンテンツ制作をすることができるのです。

 

Googleからもその重要性は認識されており、hタグを適切に設定することで、サイト全体のなかでも重要な部分を示すことにもなり、またユーザーに対しても、“このホームぺージは分かりやすい記述がされていますよ”というある種の保証が与えられるのです。

 

逆にHの後の数が低い程、そのテキストは重要である事を訪問者とGoogleは認識します。H1タグを正しく利用しましょう。もし、視覚的にh1タグがふさわしくないと思った場合は、h1タグのスタイルをCSSで修正しましょう。」

 

<h1>の重要性を認識しよう

 

<h1>タグがなぜ重要視されるのかというと、クローラーとホームぺージの訪問者に「サイトにおいてメインテーマ・トピックはこれです」というカタチで示すことができるからなのです。

 

では具体的にどの位置に<h1>タグを配置することが道理にかなうのでしょうか?

それは重要度が高いところに配置していくことです。

つまり、<h1>タグはホームぺージ上において、そのサイト全体で読んでほしい事柄やタイトルを要約したものにする必要があり、ほとんどの場合、ページ上部に配置することが大切となってくるわけです。

 

その際、クローラーに拾って欲しいキーワードを含んだ文にすることが大切です。

ただし「キーワードを積極的に織り込んでいくことはSEOに効果的」とよく言われていることですが、あまりにも多くのキーワードを意図的に入れてしまうとよくないものであり、近年、不自然な言葉にGoogleもその対策をおこなってきているので注意しましょう。

 

いまや見出しにキーワードを詰め込むことで検索順位が上げようとするのはかなり危険な手法です。スパムとは見なされなくとも、「ユーザービリティの低いページ」とみなされてしまう可能性があります。不自然にキーワードを繰り返し使わないようにしましょう。

 

続いて<h2タグ>と<h3タグ>の重要性について説明しましょう。

 

<h2タグ>と<h3タグ>とは?

 

とはいっても、はっきり言って<h2タグ>と<h3タグ>を最適化するからといって、それが即SEO対策に繋がっていくわけではありません。(こう考えるとh1タグの方が重要度は高いとされているのです)

 

ただし、<h2タグ>と<h3タグ>を適切に設定しないよりは、適切な設定をしたほうが、プラスになると言えることは間違いないことでしょう。

 

要するにhタグを上手に配置していくことで、Googelは簡単にホームぺージの内容を理解することができるのです。

 

現在でも、SEOにおける内部施策は重要な位置を占めています。検索エンジンでの上位表示のためには、サイトの内部構造やHTMLのソースコードをSEOに最適な形にする必要があります。

 

続いて<タグ>において重要とされている“アンカーテキスト”についてもご説明したいと思います。

 

<a>タグとアンカーテキスト

 

アンカーテキストとは簡単に言えば、ホームぺージのコンテンツ内にある“単語”や“一文”のテキストに対して<a>タグ(記述方式としては<a href=”http://sample.htm”>サイトへ飛びます。</a>)を入れることで、リンクを設置することを意味します。

 

SEO対策においては、<a>タグの扱いは非常に重要な要素となっています、

 

それゆえ<a>タグを使用して記述する「アンカーテキスト」は必然的に重要な役割を担うものになります。

 

アンカーテキストの役割としては何よりも「クローラー」にとって、アンカーテキストこそがWEBサイトへの入口となる点です。

だから、アンカーテキストからクローラーが次に辿るWEBサイトはいったいどのようなコンテンツがあるのかを示す役目を果たしているのです。

 

よって、SEO対策の観点から考えると、アンカーテキストは、「被リンク設定先」のWEBサイトに表示される内容を、あらかじめ指し示すことができ、記載されているテキストに基づいて、キーワード選定の適正さや、コンテンツ自体の質といったページ内部の評価に関わってくるのです。

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ