岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

T-laboブログ

HOME > BLOG > コンセプト

コンセプト

2019年1月21日

こんにちは。
WEB制作から、”集客”のお手伝いをしているT-laboブログ担当ヴェルホーヴェンスキーです。

今回はコンセプトについてお話します。

コンセプトとは、「ホームページ制作活動の元であり、未知のことを打ち出したいときには、制作者がすべてのひとが考慮しておかなければならないもの」です。

世の中にはそれこそ、膨大な商品や情報があふれかえっています。
ではそもそもの原点、ホームページってなにをするためにあるの?そこにコンセプトはあるの?と考えてみましょう。

すると、「面白さ」や「ユニーク」は当然、差別化していくためには欠かせない要素になってくることでしょう。

もし「良いホームページ」をつくれば、それに対して「ユーザー」はリアクションをしてくれます。

そのリアクションはどのようにしてえられるのでしょうか?
おそらく「覚えやすく」「伝わりやすい」ものでなければならないでしょう。
この二点のうちで「覚えてもらう」ことはほんとに大切です。

では覚えてもらうにはどうすればよいのか?
それは「記憶に残る」なにかでなくてはなりません。

いま目の前に白い紙が置かれているとしてください。
そこに自由に絵を書いてよろしいという指示が出たとしましょう。
しかし、ひとつだけポイントがあります。
それは「ひとの記憶に残るもの」というものです。

そこで人々はいろいろな工夫をし始めるでしょう。
たとえば、大きな図柄を書いたり、通常とは違う色の配置の仕方をしたりして、その見る人の印象に強く残るものを制作しようとすることでしょう。

ではここで重要なこと。
見る人はどこから情報を得るでしょうか?
また、どこを介して、記憶に残るものを取り入れるでしょうか?

それは五感ですね。

視る、聞く、嗅ぐなどの感覚です。
では白い紙に絵を書く、それも条件としては、「ひとの記憶に残る」という一点だけ。
そうなると、目からの情報、耳からの情報、臭覚からの情報、すべて取り入れれば、「絵だけ」よりも大幅に記憶に残る可能性が増えることになります。

話を転じてホームページに戻すと、それら、感覚からの情報のうち、ほとんとが、目からの情報です。
ただし、動画を使ったり、あるいはイベントセミナーを開く情報を載せてあげることで、その他の感覚をも刺激するようななにかをつくってあげることで、5感すべてに情報を与えることができる。

だから、その5感に響くようなホームページをつくれば、自ずと人の記憶にも残りやすいものがつくれるのです。難しいかもしれませんが、そういった体験型のサイトをつくることもこれから必要かもしれません。

058-215-5105 メールでのお問い合わせ

メール

資料

会社概要

アクセス

pagetop