岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

T-laboブログ

HOME > BLOG > 経営戦略とは?2

経営戦略とは?2

2019年4月25日

こんにちは。

 

WEB制作から、”集客”のお手伝いをしているT-laboブログ担当ヴェルホーヴェンスキーです。

 

経営戦略で大切なことは、『自社の強み』を知ること。

 

自社の強みを掴むためには、SWOT分析というものがあります。

 

つまり、あなたの取り巻いている“環境”を分析をするのですが、環境には大きく分けて、内部環境と外部環境の両方があります。

 

環境を知っておくことで、自社が新しいマーケティングを敢行しようとするときにかなり有効的に左右します。

 

内部環境には、「強み」と「弱み」

外部環境には「脅威」と「機会」

 

とがあります。

 

ホームページ制作をする上でも、まずは内部環境としての「強み」を抽出して、それをより多くの人がわかる形で訴求していきます。

 

しかし、その訴求する場でもかならず他社、競合がいるはずです。

すると外部環境の分析にいたり、「脅威」となる他社、あるいは社会、政治などを考え、内部環境で探り出した「強み」と掛け合わせていきます。

 

「脅威」となるほどですから、そこを避け、「機会」を分析のなかでとらえていきます。

 

するとより「強み」を一般ユーザーに届けていくことができるわけなのです。

 

ところで、商品は市場がある限り、競争状態が引き起こされます。

価格は、自社が技術や特権を占有していない限りは、周りの企業の値段によって左右されます。

 

そこで経営戦略で大切になってくるのが、競争戦略です。

ホームページという市場も、価格帯の高い・安いがあり、品質の良い・悪いがあり、対応が早い・遅いがあるわけですが、マーケティングにおいては、自社の優位性をどれだけ市場で確保できるかが重要になってくるので、競合とは違った競争戦略をとらなければなりません。

 

どれだけ良いホームページを作っていたとしても、A社とB社とで同じ品質の商品しか売っていなければ顧客はどこで選ぶようになるか。そんなことを問いつけめていけば、自ずと、競争戦略が思いつくはずです。

 

競争戦略では以下のものが、よく引き合いに出されます。

 

・コスト・リーダーシップ戦略

・差別化戦略

 

コスト・リーダーシップ戦略とは競合よりも価格を低くおさえることで、他社とおこなう競争に優位性を示す戦略です。

 

差別化戦略とは競合他社と同程度の製品・サービスを売るのではなくて、ユーザーは必ず商品を比較していく、ということから、機能性、品質、ブランドイメージ、対応力、アフターサービスなどなど製品だけでなく、サービス面においても競合との差異を作り出すことで、競争優位性を獲得する戦略です。

 

とはいえ、差別化戦略には、それ相応のスキルや人材、研究開発コストなどなかなかハードルが高いともいえます。

 

しかし、そこを乗り越えることで、より「売り」がまさり、最終的には会社の売り上げ自体も上がることになるのです。

 

058-215-5105 メールでのお問い合わせ

メール

資料

会社概要

アクセス

pagetop