岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

T-laboブログ

HOME > BLOG > ホームページの活用1

ホームページの活用1

2019年7月31日

こんにちは。

 

わたしは会社の”売り上げアップ”を実現するために、『ホームページ制作』から集客のお手伝いをしています、T-laboのブログ担当アリスです。

 

今回から5回に分けて、ホームページの活用についてお話ししていこうと思います。

 

ホームページの活用とはすなわち、ホームページをいかに使いこなしていくのか、その点をお伝えしようとしているわけです。

 

まず、なぜホームページは作るのかを考えてみましょう。

自分の胸に当てて振り返ってみてください。

 

「周りの企業のみんなが作っているから」

「なんとなくホームページはあった方がいいかな?と思っているから」

「時代の流れに取り残されたくないから」

 

こんな方が結構おられることでしょう。

 

ところが、強い言い方をすれば、ホームページは集客や売上に繋がらなければ何の作る意味もありません。

 

そもそも、WEBサイトは、認知力向上という意味でかなり有効的です。

 

どういうことか?

 

ユーザー行動の特徴を考えればわかります。

 

例えば、ある商品が欲しいという欲望に駆られたとき、GoogleなりYahoo!なり、検索エンジンを使うことによって、自分が行こうと検討している美容院やホテル、工務店などなど、「一体そこがどんな雰囲気の場所なのか?」を調べようとします。

 

さてその時、もし自社ホームページを持っていないとしたらどうなるでしょうか。

例えば美容院なんかでよくあるのが、ホットペッパービュティーだけに情報を掲載して、自社ホームページを持っていないケースです。

 

そうなるとユーザーからしたら、「ホームページも持っていないような企業なのか〜」という不安を煽る可能性も考えられますよね。

 

そのように考えると、ホームページは不安解消という価値、さらに『情報提供』という価値も担っているわけです。

 

実は、今回からご紹介する活用方法についてですが、この『情報提供』というホームページが持つ本来の価値をうまく利用していくことで、集客や売上アップにつながっていくのです。

 

さてまず第1回目ということなので、もっとも分かりやすい『認知力向上』という部分をフォーカスしてみましょう。

 

認知力とは一言で言うと、「どのくらいの人々に企業のことを知ってもらうのか?」と言うことですよね。

 

実はこの認知力拡大は、集客に効果が高いだけでなく、昨今問題視されている人手不足解消にもつながっていきます。

 

なぜなら、採用活動をする場合、企業の認知力があることが、募集数を増やせる傾向があるからです。

 

今回はここまでにしておきましょう。

058-215-5105 メールでのお問い合わせ

メール

資料

会社概要

アクセス

pagetop