BLOG

超集客特化型ホームページ制作会社labo

岐阜・愛知!ホームページで集客UP・売り上げUPをしたいなら株式会社labo!

HOME > BLOG > ホームページ制作で大切なDTPの考え方03

ホームページ制作で大切なDTPの考え方03

2020年10月9日

ホームページ制作で大切なDTPの考え方03

こんにちは。岐阜県岐阜市でホームページ制作からホームページ制作後のWEBコンサルタントサービスを提供しています、株式会社laboです。ホームページ制作を通して、岐阜市や岐阜市の企業様の売上UP・集客力アップのホームページ活用をご提案しています。

今回で「DTP」の連載は第3弾となりました。

前回は「DTP」を導入することのメリットについてお話しました。

その際に説明したことを少しおさらいすると、

デザイン→版下制作→製版→印刷→製本という印刷物完成までのプロセスを、従来までは、それぞれの専門業者が分担しておこなっていたのですが、あらゆる不足の事態を回避するため、あるいは作業効率の簡便化のために、「DTP」という「デザインから印刷物完成までの全工程をパソコンにて行うことができる」技術を会社に導入することで、上記の工程を、個人用パソコン一台でリアルタイムに仕上がりの状態を確認しながら、あらゆる工程を観察し制作することができるようになったのでした。

そのことで大幅な人手やコストの削減はもちろん、業務の効率化を格段に向上させることが可能となったことがメリットとしてあげられていたのでした。

では、今日の本題にうつりましょう。

前回、前々回までは、「DTP」の基礎について説明してきましたが、今後3回にわたっては少し専門的なお話をしていきたいと思います。

今回は、「DTP」の技術を活用して仕事をする「DTPデザイナー」について記述しながらご紹介していきたいと思います。

さてこの「DTPデザイナー」という職業。

言葉の中に「デザイナー」という単語があるくらいですから、印刷物・出版物等の「デザイン」を必要とする現場ではかなり重要性の高い職業のように一見思えますよね?

そして実際、この「DTPデザイナー」という職業。

書籍や雑誌・パンフレット・ポスター・カタログなどグラフィックデザインを制作する現場ではかなり重宝されている存在といえます。

では「DTPデザイナー」はいったいどのような業務を行っているのでしょうか?

簡単に言ってしまうと以下のとおりになります。

つまり、「DTPの専門ソフトをーデザイン会社で使用するソフトとしてはInDesgin、Photoshop、Illustratoが多いです―使用して、企画書や議事録や印刷物などを作成する」業務を行っています。

こんな一般定義だけでは、「DTPデザイナー」という職種のすごさが皆さんに伝わりません。
さらにこの「DTPデザイナー」という職業を明快するために、業務内容についても詳しくご紹介しましょう。

「DTPデザイナー」の主な仕事とは、書籍や雑誌・パンフレット・ポスター・カタログなどのグラフィックデザインを制作する現場において、デザイナーが作成したレイアウトを元にして、DTPソフトを使用し、レイアウト全体を完成させるべく、修正・加工を行いデータの作成を行うといった専門業務を行っているのです。

またそのほかに、出来上がった印刷物の誤字・脱字のチェックやレイアウト修正など、操作が難しいDTPソフトをうまく使用することによって、InDesgin、Photoshop、Illustratoならではの、より細かい作業を行うことができます。

例えば、
Wordを使わずして、パンフレット・ポスター等のグラフィックデザインのレイアウトで使用されているフォントを、全体の内容に合わせて微調整を行えたり、表やグラフに生じた弱化の隙間を、細かい部分まで手直し、一段と見やすいレイアウトに調節したり、写真やイラストを編集して誌面の一区画に貼りこんだり、完成した印刷用のデータを作成し、その後の工程に活用できるようにしたりといった、印刷物のデザインには欠かせないオペレーションの実践的な作業を「DTPデザイナー」は担当します。

上記で紹介したInDesgin、Photoshop、Illustrato等の「DTPソフト」の操作に熟達した「DTPデザイナー」は、文章や写真、図版などの組み合わせや配置を自分独自のスキルや知識によって工夫することが可能となり、構成段階では不透明で抽象的でしかなかったものが、枝葉末節な部分まで、伝えたいメッセージを視覚的にわかりやすく編集することができ、画像編集ソフトのメリットを十分活かして作業を行うことができます。

このように、DTPデザイナーというのはDTPソフトを扱うスキルが必要不可欠となります。

株式会社laboにおいてもロゴマークやバナーデザイン、パンフレット、名刺、リーフレット等のグラフィックデザインの制作ではInDesgin、Photoshop、IllustratoといったDTPデザインには欠かせないソフトを用いることが多いですし、これらをうまく活用することでデザイン性の高い印刷物を作り、売り上げに効果的なロゴマークやバナーデザイン、パンフレット、名刺、リーフレットを制作することが可能となっているのです。

そこで次回からはInDesgin、Photoshop、Illustratoといった「DTPソフト」についてお話してきたいと思います。

以上です。

「売り上げをあげたい!」「効果が髙いホームページ制作をしたいな…」「ホームページの運営やコンサルタントを任せられないかな?」そんな企業様はぜひ岐阜県岐阜市の株式会社laboにお任せください!
株式会社laboはホームページの企画・制作・運営はもちろんSEO対策、PPC広告などのWEBコンサルティング業務、チラシやパンフレットなどのグラフィックデザインなど、あなたの会社の売り上げをあげるお手伝いを行っております。

■株式会社laboに、まずはお気軽にお問い合わせをしたい方はコチラ!

■株式会社laboのホームページ制作実績はコチラ!

■株式会社laboでホームページ制作後に集客が大成功した企業様のインタビューはコチラ!

※株式会社laboは、ホームページを制作するだけの会社ではありません!経験豊富なスタッフが事前ヒアリングを通して、広報企画のご提案・コンサル・アドバイスなどを行っていくブランディング会社です

お問い合わせ

CONTACT

集客特化型
ホームページ制作会社

株式会社labo

Web集客・売り上げUP!についての
ご相談はコチラ!

〒500-8335岐阜県岐阜市三歳町4丁目1-11 3F営業時間10:00~19:00【土日祝休】

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 058-215-5105
メール 資料請求 会社概要 アクセス pagetop
  • 058-215-5105
  • メールでのお問い合わせはこちら