BLOG

超集客特化型ホームページ制作会社labo

岐阜・愛知!ホームページで集客UP・売り上げUPをしたいなら株式会社labo!

HOME > BLOG > SEO対策の検索ランキングとグーグルアナリティクスについて02

SEO対策の検索ランキングとグーグルアナリティクスについて02

2020年11月17日

SEO対策の検索ランキングとグーグルアナリティクスについて02

こんにちは。岐阜を拠点として活動している岐阜市株式会社labo新入社員のK丸です。

前回から新たなテーマに移行しましたね。
今回で「SEO対策の検索ランキングとグーグルアナリティクスについて」は第2回目となります。

さてSEO対策はこれまで色々とご紹介してきましたが、改めて「内的SEO対策」についてご説明しましょうか。

「内的SEO対策」はほんとうに様々な種類が存在しますが、今日は「サイト構造系施策のSEO対策」に的を絞って説明しましょう(すこし長くなるので次回にまでもちこすかもしれません)

「サイト構造系施策のSEO対策」は正しいプログラム(コード)で、ホームページが作られているかどうかが重要となります。

つまりホームページ制作において目では確認できない部分、すなわちコンテンツディレクトリ化する(ディレクトリとはホームページのファイルシステムにおいて、ファイルをグループ化し整理・管理すること)あるいはHTMLのtagのマークアップ、その他ホームページサイト内での上下階層、要するにコンテンツをどのように配置するかなどの手法を大切にするということです。

もう少し換言すると、ホームページをつくるためにはHTMLやジャバスクリプトなどのプログラミング言語が存在しているのですが、その文法上の問題はないか、あるいはホームページ業界で推奨されている表プログラム言語を使用しているかどうかが問題であるということです。

例えば、このブログもそうですが、検索エンジンの結果を上げたいがため、「岐阜」や「岐阜市」や「ホームページ」や「制作」といった単語をなんの文法も語順も考えずただ並列に並べていってもまったく無内容な表現が続いているだけになります。

ホームページの内部構造は人間が見るのではなく、機械、つまりアルゴリズムによって冷徹に判断されていくので、ホームページの正しいプログラムかどうかをつねに意識することが必要なのです。

ところが、「正しいプログラムコードで書かれている」あるいは「良質なコンテンツである」ことで、ホームページ内の各ページがGoogleやyahoo!などの検索エンジンから高い評価をくだされることになるかもしれない絶好のチャンスだということになるのです。

「良質なコンテンツ(内容)である」といっても、一概には表現しにくい内容ではありますが、ホームページ記載されている情報の独創性や、その情報量が豊富であることの必要性が判断基準となってきます。

さらには他サイトを模倣は絶対にいきません。ホームページはオリジナリティがものをいうのです。

以上です。

「売り上げをあげたい!」「効果が髙いホームページ制作をしたいな…」「ホームページの運営やコンサルタントを任せられないかな?」そんな企業様はぜひ岐阜県岐阜市の株式会社laboにお任せください!
株式会社laboはホームページの企画・制作・運営はもちろんSEO対策、PPC広告などのWEBコンサルティング業務、チラシやパンフレットなどのグラフィックデザインなど、あなたの会社の売り上げをあげるお手伝いを行っております。

■株式会社laboに、まずはお気軽にお問い合わせをしたい方はコチラ!

■株式会社laboのホームページ制作実績はコチラ!

■株式会社laboでホームページ制作後に集客が大成功した企業様のインタビューはコチラ!

※株式会社laboは、ホームページを制作するだけの会社ではありません!経験豊富なスタッフが事前ヒアリングを通して、広報企画のご提案・コンサル・アドバイスなどを行っていくブランディング会社です

お問い合わせ

CONTACT

集客特化型
ホームページ制作会社

株式会社labo

Web集客・売り上げUP!についての
ご相談はコチラ!

〒500-8335岐阜県岐阜市三歳町4丁目1-11 3F営業時間10:00~19:00【土日祝休】

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 058-215-5105
メール 資料請求 会社概要 アクセス pagetop
  • 058-215-5105
  • メールでのお問い合わせはこちら