BLOG

超集客特化型ホームページ制作会社labo

岐阜・愛知!ホームページで集客UP・売り上げUPをしたいなら株式会社labo!

HOME > BLOG > デザイナーとのやりとり03

デザイナーとのやりとり03

2021年4月14日

デザイナーとのやりとり03

こんにちは。岐阜県岐阜市でホームページ制作からホームページ制作後のWEBコンサルタントサービスを提供しています、株式会社laboです。ホームページ制作を通して、岐阜市や岐阜市の企業様の売上UP・集客力アップのホームページ活用をご提案しています。

今回で「WEBディレクション・デザイナーとのやりとり」の回が第三回目に突入しました。

前回はWEBディレクターとデザイナーとが間違った認識の共有をしてはいけないという点についてご説明しましたね。

さて今日も「WEBディレクション・デザイナーとのやりとり」の具体内容をお話しましょう。

クライアント様からの意向を汲み取ったデザイン内容をWEBディレクターとデザイナーとの間でしっかりと共有できたところで次はカラーイメージを考えましょう。

カラーイメージ?という声が聞こえてきそうですが、カラーイメージはいわば、ホームページ全体の印象を大きく左右させるものです。

たとえば、清流の県 岐阜であれば、青が必要ですし、岐阜市の株式会社laboの場合は、従業員含め若手ばかりが集まっておりますので、元気ハツラツとした黄・赤を選択しています。

つまり簡単にいえば「ユーザに対してこのホームページではどのような印象を与えたいですか?」ということです。

そしてカラーイメージはひとつだけではありません。
つまり「全体のカラートーン」と「ポイントカラートーン」との2つがあるのです。

この両者の違いは、前者において決まったカラーイメージを後者が補足していくということです。
つまり「全体のカラートーン」が大なりであれば、「ポイントカラートーン」が小なりといったところでしょうか。

全体のカラートーンは「岐阜だから青かあるいは緑を入れよう」といったことから出発してもいいですし、「豪華で派手な感じがいいな」であるとか「シックにまとまった感じがいいな」みたいな抽象的で漠然としたイメージでも大丈夫です。

「ポイントカラー」はいわばキャッチの部分や商品名などの目立たせたい部分に使用する、「差し色」といったところです。
よって、もし「全体のカラートーン」が岐阜においてイメージした青を使用したのにも関わらず、「差し色」で赤を多用してしまうとか、濃い緑を入れてしまうとか、することによって、全体のバランスが崩れてしまうことは避けなければなりません。

よくあるのが、そもそも「全体のカラートーン」を企業ロゴや商品パッケージに合わせて決定することがあるので、その企業ロゴや商品パッケージで使用されており補色を使用することがベストな選択なのかもしれません。

そうすることで、全体的にしっかりと統一感の取れたデザインとなりユーザにも印象に残りやすくなるのです。

以上です。

「売り上げをあげたい!」「効果が髙いホームページ制作をしたいな…」「ホームページの運営やコンサルタントを任せられないかな?」そんな企業様はぜひ岐阜県岐阜市の株式会社laboにお任せください!
株式会社laboはホームページの企画・制作・運営はもちろんSEO対策、PPC広告などのWEBコンサルティング業務、チラシやパンフレットなどのグラフィックデザインなど、あなたの会社の売り上げをあげるお手伝いを行っております。

■株式会社laboに、まずはお気軽にお問い合わせをしたい方はコチラ!

■株式会社laboのホームページ制作実績はコチラ!

■株式会社laboでホームページ制作後に集客が大成功した企業様のインタビューはコチラ!

※株式会社laboは、ホームページを制作するだけの会社ではありません!経験豊富なスタッフが事前ヒアリングを通して、広報企画のご提案・コンサル・アドバイスなどを行っていくブランディング会社です

お問い合わせ

CONTACT

集客特化型
ホームページ制作会社

株式会社labo

Web集客・売り上げUP!についての
ご相談はコチラ!

〒500-8335岐阜県岐阜市三歳町4丁目1-11 3F営業時間10:00~19:00【土日祝休】

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 058-215-5105
メール 資料請求 会社概要 アクセス pagetop
  • 058-215-5105
  • メールでのお問い合わせはこちら