BLOG

超集客特化型ホームページ制作会社labo

岐阜・愛知!ホームページで集客UP・売り上げUPをしたいなら株式会社labo!

HOME > BLOG > デザイナーとのやりとり04

デザイナーとのやりとり04

2021年4月15日

デザイナーとのやりとり04

こんにちは。岐阜県岐阜市でホームページ制作からホームページ制作後のWEBコンサルタントサービスを提供しています、株式会社laboです。ホームページ制作を通して、岐阜市や岐阜市の企業様の売上UP・集客力アップのホームページ活用をご提案しています。

今回で「WEBディレクション・デザイナーとのやりとり」の回が第4回目に突入しました。

前回はカラーイメージについてお話しましたね。では少し復習しましょうか。

カラーイメージといえば、例えば清流の岐阜→青であったり、岐阜市の株式会社laboの場合は、元気いっぱい→黄・赤を選択していく、こういうホームページで使用する主要なカラーをいうのでした。

そしてカラーイメージには「全体のカラートーン」と「ポイントカラートーン」との2つがあるのでした。

全体のカラートーン・・・「岐阜の清流によって青かあるいは緑を入れよう」といった簡単なイメージから出発して決めても大丈夫なのでした

「ポイントカラー」・・・「差し色」という別名もあって、たとえば岐阜の「全体のカラートーン」においてイメージの青を使用したならば、それ色とのバランスを考えて入れ込んでいくものなのでした。

さて本題に移りましょうか。
今日は「WEBディレクションとデザイナーのやりとり」の関係性です。

これは、「WEBディレクションとデザイナーのやりとり」で一番困ってくる内容は、WEBディレクションとデザイナーとの関係の均衡ということです。

つまり、WEBディレクションが提案した内容そのままをデザイナーが作業をしてしまうと、デザイナーはただのWEBディレクションがいうものをまんま反映する作業者になってしまいますし、逆にデザイナーがこのようなクリエイティブ性の高いデザインにしたい!という意見をWEBディレクションがのんでしまうと岐阜のクライアント様から意見を反映することができなくなるのです。

もし岐阜のクライアント様からの意見を組み取っていないホームページのデザインが上がってきてしまうと、クライアント様から送られてくるフィードバックのやりとりが多数発生してくることになります。

ここで、一番大切な関係性はWEBディレクションとデザイナーとがお互いに意見を交換して試行錯誤しあいながら、デザインの良し悪しを考えていくということが大切なのです

だからこそWEBディレクションとデザイナーの相互は、どのような意識でホームページをつくろうとしているのかを、しっかりと共有していくことが大切になってくるのです。
「ホームページイメージの共有が相互にとれない」
「クライアント様からのフィードバックがしっかりと共有できない」

これらは致命的となります。

だからこそ、ホームページのデザインではWEBディレクションとデザイナーとの関係の均衡性を保っていくことが大切となるのです。

以上です。

「売り上げをあげたい!」「効果が髙いホームページ制作をしたいな…」「ホームページの運営やコンサルタントを任せられないかな?」そんな企業様はぜひ岐阜県岐阜市の株式会社laboにお任せください!
株式会社laboはホームページの企画・制作・運営はもちろんSEO対策、PPC広告などのWEBコンサルティング業務、チラシやパンフレットなどのグラフィックデザインなど、あなたの会社の売り上げをあげるお手伝いを行っております。

■株式会社laboに、まずはお気軽にお問い合わせをしたい方はコチラ!

■株式会社laboのホームページ制作実績はコチラ!

■株式会社laboでホームページ制作後に集客が大成功した企業様のインタビューはコチラ!

※株式会社laboは、ホームページを制作するだけの会社ではありません!経験豊富なスタッフが事前ヒアリングを通して、広報企画のご提案・コンサル・アドバイスなどを行っていくブランディング会社です

お問い合わせ

CONTACT

集客特化型
ホームページ制作会社

株式会社labo

Web集客・売り上げUP!についての
ご相談はコチラ!

〒500-8335岐阜県岐阜市三歳町4丁目1-11 3F営業時間10:00~19:00【土日祝休】

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 058-215-5105
メール 資料請求 会社概要 アクセス pagetop
  • 058-215-5105
  • メールでのお問い合わせはこちら