岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

女子社員フランキーが「岐阜」のいろいろを調査します!

こんにちは。ホームぺージ制作・WEBサイト制作をメインでおこなっているコンサルティング会社T-labo社員のフランキーです。

 

私はとっても岐阜県が大好きなので、もっと皆さんに岐阜県のことを知ってもらいたい!

そんな気持ちでこのブログをはじめました。

 

女性として、やはり母性があるためなのか、ブログを毎日更新している、新入社員とライト君が毎日せかせかとテーマを考えながら執筆しているのをみて「じゃあわたしも・・・」というようなノリでこの岐阜県LOVEブログを書かせていただきます。

 

さて、岐阜県にはそもそもどれだけの市町村があるのか皆様はご存知でしょうか?

 

私が岐阜県の公式ホームページで調べたところ、岐阜県の市町村数は、平成29年4月1日の時点で、21市19町2村、つまり計42市町村となっています。

 

この42市町村が多いのかどうか?ぱっと見ただけでは分かりませんよね。

しかし、岐阜の市町村は平成15年においては99市町村あったのですが、そこからたったの14年、合併に合併を重ねて現在の42市町村になったのです。

 

さらに調査していて面白いことを発見したのですが、現在では21市19町2村と、市が一番多いのですが、実はそれは岐阜の歴史的変遷により少しずつ変わってきた結果なのです。

 

明治22年7月1日には市町村は948(この数を見ただけでも現在との差は歴然としていますが)、内訳としては市1町25 992村だったんです。

 

しかし、明治の大合併により数が多い激変し、明治30年4月1日においては、岐阜の市町村数が大きく変化し、総数が343で市1町40村302となりました。

 

そこから「昭和の大合併」や「平成の大合併」といった歴史の出来事を経験し、時代を重ねていくごとに、岐阜県の市1から6→11→12→15→20・・・と増えていき、とうとう平成18年1月23日で市が21、町が21と同数に、そこから2か月後3月27日で大垣市の合併によりとうとう市がもっとも多い数となったのです。

 

現在の42市町村をご紹介すると、

まずは21市・・・岐阜地域―岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市、西濃地域―大垣市

海津市、中濃―関市、美濃市、美濃加茂市、可児市、郡上市、東濃―多治見市、中津川市、飛騨―高山市

飛騨市があります。

続いて19町・・・岐阜地域―岐南町、笠松町、北方町、西濃地域―養老町、垂井町、関ケ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、御嵩町

 

1村・・・白川村

 

となっています。

 

明治時代、昭和時代に比べるとやはり岐阜県の市町村数は圧倒的に少なくなっています。

 

ではなぜこんなにも市町村合併が岐阜県で行われたのでしょうか?

いえ、これは岐阜に限ったことではなく全国的に施行された国レベルでの改革なのです。

 

市町村合併のメリットは

1昔は地域間でのコミュニティーが強かったのが、社会が高度化していくうちに、たとえば自動車社会の到来による交通網の整備、また、仕事や子育てなど生きるという意味の多様なライフスタイルによって、わたしたちの日常生活圏はというものは、それまで小さな枠組みの中で成立していたのが、そのフレームを飛び出し、すなわち、市町村区域を越えていき、どんどん拡大していったのです。

 

もちろん、現代においてはT-laboがおこなっているようなWEBやホームページ制作に代表されるように?あるいはインターネット・スマートフォンに代表されるように、デジタル社会によって、多様化・複雑化、ロボットの発達による緻密化・精密化・効率化などを背景とすることでますます

 

2.それにともなって、個々の市町村だけでは、なかなか解決できない困難な行政課題が増えてきている現状もあります。

例えばゴミの問題をひとつとっても、よりよい環境づくりをするためには、行政サービスをもっと向上させることが必要になってきますしーというのも、ゴミが発生する出所といえば、住宅なら一戸建てもあれば分譲マンションもある、また賃貸アパートもあり、また飲食店からでるゴミ、公共財である公園からでるゴミなど、どんどんエリアが細分化することになり、現在よりも広域的な広がりの中でゴミが発生するかもしれないからなのですがー、よりよりまちづくり、少子高齢化社会における福祉事業・介護保険など、どうしても村単位で、また町単位で取り組むことに限界があるのです。

 

だからこそ、岐阜県に限らず、市町村の合併が行われるようになり、目にもとまらぬ勢いで駆け抜けていく社会の変化に合わせて、効率化・高度化を目的に市町村のあり方もまたその都度変わっていくのです。

 

以上です。

 

T-laboってどんな会社なの?

「WEB制作をしてもっと集客を向上させたい!」「ホームぺージの意義が分かっているけど良い、ホームぺージ会社に巡りあっていない!」

そんなお客様はぜひぜひ、岐阜市でWEBサイト制作をメインでやっている「T-labo」に全部お任せください!

「T-labo」はホームページの企画・制作・運営だけではなく、SEO対策からホームぺージ保守・メンテナンス、広報企画・・・をおこなっています。

WEB制作・ホームページで売り上げUPしたい方は、私たちにご相談ください!

こんにちは。ホームぺージ制作・WEBサイト制作をメインでおこなっているコンサルティング会社T-labo社員のフランキーです。

 

私はとっても岐阜県が大好きなので、もっと皆さんに岐阜県のことを知ってもらいたい!

そんな気持ちでこのブログをはじめました。

 

女性として、やはり母性があるためなのか、ブログを毎日更新している、新入社員とライト君が毎日せかせかとテーマを考えながら執筆しているのをみて「じゃあわたしも・・・」というようなノリでこの岐阜県LOVEブログを書かせていただきます。

 

さて、岐阜県にはそもそもどれだけの市町村があるのか皆様はご存知でしょうか?

 

私が岐阜県の公式ホームページで調べたところ、岐阜県の市町村数は、平成29年4月1日の時点で、21市19町2村、つまり計42市町村となっています。

 

この42市町村が多いのかどうか?ぱっと見ただけでは分かりませんよね。

しかし、岐阜の市町村は平成15年においては99市町村あったのですが、そこからたったの14年、合併に合併を重ねて現在の42市町村になったのです。

 

さらに調査していて面白いことを発見したのですが、現在では21市19町2村と、市が一番多いのですが、実はそれは岐阜の歴史的変遷により少しずつ変わってきた結果なのです。

 

明治22年7月1日には市町村は948(この数を見ただけでも現在との差は歴然としていますが)、内訳としては市1町25 992村だったんです。

 

しかし、明治の大合併により数が多い激変し、明治30年4月1日においては、岐阜の市町村数が大きく変化し、総数が343で市1町40村302となりました。

 

そこから「昭和の大合併」や「平成の大合併」といった歴史の出来事を経験し、時代を重ねていくごとに、岐阜県の市1から6→11→12→15→20・・・と増えていき、とうとう平成18年1月23日で市が21、町が21と同数に、そこから2か月後3月27日で大垣市の合併によりとうとう市がもっとも多い数となったのです。

 

現在の42市町村をご紹介すると、

まずは21市・・・岐阜地域―岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市、西濃地域―大垣市

海津市、中濃―関市、美濃市、美濃加茂市、可児市、郡上市、東濃―多治見市、中津川市、飛騨―高山市

飛騨市があります。

続いて19町・・・岐阜地域―岐南町、笠松町、北方町、西濃地域―養老町、垂井町、関ケ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、御嵩町

 

1村・・・白川村

 

となっています。

 

明治時代、昭和時代に比べるとやはり岐阜県の市町村数は圧倒的に少なくなっています。

 

ではなぜこんなにも市町村合併が岐阜県で行われたのでしょうか?

いえ、これは岐阜に限ったことではなく全国的に施行された国レベルでの改革なのです。

 

市町村合併のメリットは

1昔は地域間でのコミュニティーが強かったのが、社会が高度化していくうちに、たとえば自動車社会の到来による交通網の整備、また、仕事や子育てなど生きるという意味の多様なライフスタイルによって、わたしたちの日常生活圏はというものは、それまで小さな枠組みの中で成立していたのが、そのフレームを飛び出し、すなわち、市町村区域を越えていき、どんどん拡大していったのです。

 

もちろん、現代においてはT-laboがおこなっているようなWEBやホームページ制作に代表されるように?あるいはインターネット・スマートフォンに代表されるように、デジタル社会によって、多様化・複雑化、ロボットの発達による緻密化・精密化・効率化などを背景とすることでますます

 

2.それにともなって、個々の市町村だけでは、なかなか解決できない困難な行政課題が増えてきている現状もあります。

例えばゴミの問題をひとつとっても、よりよい環境づくりをするためには、行政サービスをもっと向上させることが必要になってきますしーというのも、ゴミが発生する出所といえば、住宅なら一戸建てもあれば分譲マンションもある、また賃貸アパートもあり、また飲食店からでるゴミ、公共財である公園からでるゴミなど、どんどんエリアが細分化することになり、現在よりも広域的な広がりの中でゴミが発生するかもしれないからなのですがー、よりよりまちづくり、少子高齢化社会における福祉事業・介護保険など、どうしても村単位で、また町単位で取り組むことに限界があるのです。

 

だからこそ、岐阜県に限らず、市町村の合併が行われるようになり、目にもとまらぬ勢いで駆け抜けていく社会の変化に合わせて、効率化・高度化を目的に市町村のあり方もまたその都度変わっていくのです。

 

以上です。

 

T-laboってどんな会社なの?

「WEB制作をしてもっと集客を向上させたい!」「ホームぺージの意義が分かっているけど良い、ホームぺージ会社に巡りあっていない!」

そんなお客様はぜひぜひ、岐阜市でWEBサイト制作をメインでやっている「T-labo」に全部お任せください!

「T-labo」はホームページの企画・制作・運営だけではなく、SEO対策からホームぺージ保守・メンテナンス、広報企画・・・をおこなっています。

WEB制作・ホームページで売り上げUPしたい方は、私たちにご相談ください!

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ