岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

SEO対策本部が紹介するWEB専門用語

皆さん、こんにちは。私、T-labo でSEO対策本部にて活動しております“次男バディ”と申します。

 

本日は少し聞き慣れないWEBの専門用語をご紹介したいと思います。

興味のない方は飛ばしても大丈夫な回ですので、ご容赦下さい(笑)

 

レンダリング

 

レンダリングとは簡単にいうと、表示用のデータを元に、内容を整形して表示すること数値データの演算により、画像を生成し表示させることである。特に、3次元グラフィックスで立体物に色や陰影を付けること。

 

例えばホームページでいえばWEBブラウザがWEBサイトのHTMLファイルが保存されているWEBサーバに対して、リクエストを出します。

すると、サーバーがリクエストに対して、WEBブラウザが該当のホームページがどのように表示されるのか記述されているHTMLファイルを送ります。

 

すると、その情報を手にしたWEBブラウザは、HTMLをもとにその内容を表示させます。

 

HTMLにはWebサイトの構築するために、色々な言語を使用して記述がなされています。

そして、その記述によって、文字の大きさを変えたり、指定のWEBサイトのページにリンクを飛ばしたりします。

 

ではここで、レンダリングと切っても切れない関係にある『HTMLタグ』でどのような表示がなされるようになるのか、また『HTMLタグ』の基本をご紹介しましょう。

 

<html>タグ

 

<html>タグは、今から記述するものが『HTMLの文書ですよ』ということを示すためのタグです。もっとも基本の基本で、コーダー以外の方々でも覚えることができるくらいの初歩です。

 

<head>タグ

<head>タグ、こちらもかなり基本的なタグに含まれます。

まずこのタグによって囲まれた内容は『HTMLファイルの情報はこのようである!』と宣言するものであり、要するに『ホームページとして表示される文章全体の概略的な基本情報を定義するものです。

 

<head>タグの中の内容は、<title>タグ・<meta>タグ・<link>タグによって記述されます。

 

<title>タグ

<title>タグとは一言で言えば、ホームページのタイトルを設定するために使用する重要なタグです。

 

Googleが検索順位を決定するために、「このページがいったいどんな内容が書かれているのか?」を<title>タグ内に書かれている情報をもとに評価していきます。

 

例えば弊社のホームページの場合、<title>タグでは『岐阜で超集客特化型ホームぺージ制作はT-labo!いざ売上UPへ』が記述されていますが、うちとしてはホームページを制作することをメインとしておこなっておりますし、超集客特化型のホームページ屋として、ブランディングしています。

 

だからこそ、<title>タグの記述は正当であるといえるのです。

 

<meta>タグ

<meta>タグとは「ホームページ内の情報を定義する役割」があります。(ただホームページ内にはメタ情報は表示されることはありません)

 

<meta>タグは、SEO対策としてかなり重要視されているものですが、その理由として、先程説明したように、ホームページはサーバーからのリクエスをブラウザに出しているわけですが、ホームページがどのような情報を持っているのか?を知らせるブラウザ側に知らせるからです。

 

また検索順位を上下を判断し、ページの評価を決めるクローラーにもホームページの情報を知らせる役割があります。

 

<meta>タグでは例えば、WEBサイトの製作者やそのページ概要の指定、またキーワード設定、javascript使用の宣言、検索エンジンロボットへの動作の命令など様々な目的で記述されます。

 

SEO対策で重要とされているのは、<meta name=”description” content=”・・・”/>ですが、T-laboの場合ですと、『岐阜で売上UP・集客UPを”本気で”目指す会社様!超集客特化型のホームページ制作会社T-laboに一声おかけください!・・・』となっています。

 

また<meta name=”keywords”  content=”・・・”/>も重要ですが、弊社の場合は『ホームページ制作、HP制作、ホームページデザイン、WEBサイト制作、岐阜、岐阜市、愛知、名古屋、三重』となっています。

 

そもそも、検索エンジンは<meta>タグの記述をもとにして、そのサイトの全体の情報を把握し、ンデックス登録、さらにはnoindex、nofollowによるクロールの動作制御まで行いますので、SEO対策で重視されて当然のタグといえるでしょう。

 

まとめ

さて、タグの説明を大まかにしましたが、実は「レンダリング」のスピードを上げる、すなわちページ速度の最適化をおこなうことは『ユーザビリティの高いサイト』とみなれます。

 

例えば、HTMLの記述で「レンダリングをブロックする」といったリソースがあると、ページの読み込みを遅延させる結果になり、SEO対策においても低評価をくらいかねません。

 

だからこそ、レンダリングを早くするために、ホームページ内の記述を綺麗にまとめたり、画像を最適化するなどの工夫が必要となってくるのです。

 

————–

「売り上げをあげたい!」「高品質のホームページを制作をしたいな…」「WEBのコンサルティングを任せられないかな?」

そのような愛知県・三重県・あるいは名古屋の企業の皆様はぜひ岐阜県岐阜市の「T-labo」にお任せください!

 

「T-labo」はホームページの企画・制作・運営はもちろんSEO対策、PPC広告などのWEBコンサルティング業務、チラシやパンフレットなどのグラフィックデザインなど、あなたの会社の売り上げをあげるお手伝いを行っております。

まずは無料診断から始めてみませんか?

T-laboのお問い合わせはこちらから!

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ