岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 YahooとGoogleについて03

こんにちは。岐阜県岐阜市に拠点にかまえるT-labo新入社員のK丸です。

今回で「Yahoo!とGoogleについて」は連載第3弾になります。

 

前回は「SEO対策」のさいに重要となる「Googleのアルゴリズム」について説明しました。

 

少し内容をおさらいしておきましょう。

 

「Googleのアルゴリズム」というのはGoogleの検索エンジンで自社のホームページやWEBサイトがどの程度の位置に表示がなされているかを分析できるものでした。

 

「Googleのアルゴリズム」は、自社で検索エンジンを抱えているGoogleが数々発表している(内密なものであるともいわれているので、発表は言い過ぎかもしれませんが)、ユーザーのキーワード検索に対して現在の検索順位決定に使われているいくつかの要素ことをいうのでした。

 

簡単にいえば、このGoogle独自のアルゴリズムによって、WEB上に数あるサイトやホームページなどのコンテンツ順位が選択され、検索結果のページに反映されるようになるということであり、Googleのアルゴリズムには200ほどの要素があったのでした。

 

そのなかで、類として主だったものとしてあげられるのが

 

内部要因(サイト)

外部要因(リンク)

環境要因

その他要因

 

の4つが挙げられたのでした。

 

それでは今日のテーマに移っていきましょうか。

 

今日は「ホームページについて」の回でお話した「ランディングページ」の解析がおこなえる「Googleアナリティクス」についてお話したいと思います。

 

まず、「ランディングページ」という言葉がどういうものであったか軽く振り返っておきましょうか。

 

『ユーザーが検索結果やリスティング広告などを経由して訪問者がホームページ(上層・下層問わず)で最初にアクセスして「着地」したページ、つまり一番最初に閲覧するページのこと』です。

 

こちらは広義のランディングページでした。

 

『ユーザーに向けて検索エンジンやSNSなどから流入した訪問者をダイレクトに注文やお問い合わせなどのアクションを誘導することに特化した縦長のレイアウトのページのこと』を指します。

 

こららは、狭義のランディングページでした。

 

それぞれのランディングページには、「直帰率が高い」であるとか「コンバージョン率が低い」場合は改善していかなければならない要素があるということです。

 

さて、今回のテーマである『ランディングページをGoogleアナリティクスで分析する』とはどういうことなのか説明していきましょう。

 

これは簡単に言えば、Googleが無料で提供している「Google Analytics」という高性能アクセス解析ツールを使用し、自社ホームページやWEBサイトが「どれだけ有効に活用されて、ユーザーに見てもらえているか」を調べるということです。

 

つまり、ホームページに訪れたユーザーが、「どのようなことに対して興味や関心を持って自社ホームページを見ているのか?」あるいは「アクセス解析によって、ホームページのコンテンツの弱点を把握しクオリティーを高めるためにどう工夫すればいいのか?」「効果的に情報をユーザーに提供できているのか?」を分析するのです。

 

ホームページへの訪問者の志向をしっかりと把握しておくことで、ユーザーが何を望んでいるのかを知り、ホームページ内の人気ページや欠陥ページを知り、その情報をもとに改善していくことで、訪問者の満足を高めるためのコンテンツを練り直し・調整をしたりする、または刷新してホームページへの訪問者数を伸ばすことができるのです。

 

では「Google Analytics」分析する項目はどのようなものがあるのでしょうか?

 

『指標グループ』

「セッション」

「新規セッション」

「新規ユーザー」

「直帰率」

「平均セッション時間(平均滞在時間)」

「平均ページ滞在時間」

 

『ディメンションの詳細』

「キーワード」

「ランディングページ」

 

というのが主だったものです。

 

さらには「コンバージョン率」「サイトを訪問した回数」「読まれたページの総数」「クリック数」なども確認できます。

 

このように「Google Analytics」は多様なデータを分析できる非常に利便性の高いツールなので、上手に活用することによって、ランディングページの改善点や見直す部分を知り、検索サイトでの上位表示をえるためのツールとするためにホームページのコンテンツを再構築することができるのです。

 

以上です。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

「売り上げをあげたい!」「安い費用でHP制作をしたいな…」「運営コンサルを任せられないかな?」

そんな岐阜県・愛知県・三重県・あるいは名古屋の企業の皆様はぜひ岐阜県岐阜市の「T-labo」にお任せください!

「T-labo」はホームページの企画・制作・運営はもちろんSEO対策、PPC広告などのWEBコンサルティング業務、チラシやパンフレットなどのグラフィックデザインなど、あなたの会社の売り上げをあげるお手伝いを行っております。

まずは無料診断から始めてみませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://takai-laboratory.com/contact/#contact

※「T-labo」は、ホームページを制作するだけの会社ではありません!経験豊富なスタッフが事前ヒアリングを通して、広報企画のご提案・コンサル・アドバイスなどを行っていくブランディング会社です。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ