岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

Facebookで集客ができるってほんとうなの?

こんにちは。

WEB制作を通じて、”集客”のお手伝いをさせていただいております。

T-laboのブログ担当キリーロフです。

 

このT-laboブログでは、実力のあるWEB制作会社だからこそ、また、集客特化型のWEB制作会社だからこそ、皆様にお伝えできる“集客を上げるためのコツ”を投稿しています。

 

さて集客を上げるためには様々な方法がありますが、本日は、「今日からでも出来る」集客アップのための“第一歩”を、それも無料で始められる施策を皆様にご紹介していきましょう。

 

「読者の皆様はフェイスブックというSNSを知っていますか?」

 

こんな質問をしてしまうと「君そんなことナンセンスことをいうもんじゃない、21世紀デジタル社会に生きている人間であれば誰しも知ってるにツールじゃないか!」と、やれやれと首を降るなりため息をつかれたり、あるいは、ぷいっと顔を横に向けて「こんなお粗末な質問は聞いてはおれん」と一蹴しかれないものですが、もしさらに一歩進んでこのような問いかけたらばどうでしょうか?

 

「ではそのフェイスブックで“集客”が出来るって事はご存知ですか?」

 

どうでしょう?寝耳に水の話ではないですか?

 

マーク・ザッカーバーグが創始して、世界で最も(?)ユーザー数が多いと言われているフェイスブック。

コミュニケーションツール程度にしか認識していなかった方にとっては、“ヒョウタンから駒”とも言えるべき事態ではないでしょうか??

 

現代のSNS社会では、”LINE”が、押すに押される怒涛の勢いでユーザー数を獲得していますが、とはいってもフェイスブックの利用数は侮れません。

 

ここで一つの定式を示しましょう。

つまり「Facebookは多数のSNSにおいても最も広告効果が期待できるSNSである」というものです。

 

ではその理由はいかなるものか?

これを順番にみていくことにしましょう。

 

Facebookは情報発信元として極めて効果的である

 

本来Facebookは友達や共通の趣味を持った人とのコミュニケーションツールとして利用できる反面、ビズネス関係の人々と繋がることができるビジネス型のツールのSNSです。

Facebookは1ユーザにつき、1ユーザーのみ登録ができ、また『実名登録』が基本ということからサクラ等の”おとり商法的”な事が、LINEに比較すると少なく、”信頼性”や”安全性”において心配なくのびのびと使用できるSNSだといえます。

 

おまけにFacebookには『集客に効果的な機能』が他のSNSよりもふんだんに盛り込まれています。

例えば、Facebook広告、Messenger、紹介ページ(目につく位置にファーストバナーがある)・・・

 

上記のなかでひとつご紹介すると、Facebook広告とは“Facebookのなかで表示される広告”の事であり、もう少し詳しく説明すると、年代、趣味、性別、嗜好などの細かな条件設定によって、極めて精度の高いターゲティングが可能な広告です。

そして、開始金額が”少額設定可能”という点にも、広告配信として魅力を感じることができるのではないでしょうか?

 

つまりFacebookが情報発信元として極めて効果的である所以も、この『集客に効果的な機能』が詰め込まれているからこそ、言えることなのです。

 

Facebookにはタイムラインがあり、タイムラインとは、ユーザーがFacebook を開いた時に、最初に表示される画面のことで、そこでは”自社の情報投稿”や”画像”などの『アクティビティが時系列』に表示されていきます。

 

このタイムラインにこそ、『情報発信元』の肝になっていきます。

タイムラインに表示されるのは、企業情報・友達数・基本データ・投稿一覧などで、ユーザーがタイムラインを一目見ただけで、例えば、A社ってどんな企業なのか?どんな活動をしているのか?会社の雰囲気ってどんななのか?まで幅広く、そして詳しく知ることができます。

 

もしも、そのタイムラインで表示されているその企業の活動に興味を抱いたり、応援したいなっと思わせたりすることができるならば、すぐに「お問い合わせ」や「いいね」や「友達依頼」というかたちで、”アクション”を起こすことが可能となります。

 

以上の点で、「Facebookは情報発信元として極めて効果的である」といえるのです。

 

検索結果の上位に表示されやすい

 

この点について、今すぐにでも実感できるというか、あなたがパソコンの操作環境にいるのであれば体験できることです。

 

例えば、あなたが検索窓に、「A社」と打ち込んだ場合、WEBの検索結果には、その「A社」のFacebook画面が”上位に”表示されるようになっていないでしょうか。

 

もしも、Facebookではなく”WEBサイト”を上位表示しようと思ったら、いわゆるSEO対策(検索エンジン最適化)というものが必要となってきます。

そのために、異常な広告費を投じるようか企業も珍しくありません。というのも、SEO対策は「個人規模で、個人が全責任をおっているため」です。

 

他方、FacebookはそもそもSEOが強いので、そこに登録するだけで、下手に多額の投資をして対策を打たなくても、勝手と言ってはあれですが、自然に上位表示されるようになります。

 

「金額を書けずに、無料登録するだけで宣伝効果の可能性がある」といった点は、かなりメリットになることではないでしょうか?

 

Facebook活用のまとめ

 

お客様の中には「これからが売りたい商品ある」や「このサービスをもっと知ってもらいたい」という願いがある方もおられることでしょうが、Facebookを使用することで、集客を上げるためのひとつのきっかけが作られ、今回のブログでこの”コツ”を感じとってもらえれば幸いなことです。

 

Facebookの活用法について知りたい方はこちらをクリック

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ