岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

HTMLとはなにか??

―岐阜県に拠点をおいて、皆さまのホームページ制作をお手伝いさせていただいています。高品質・低価格。そんなホームページ制作会社をお探しなら、ぜひ弊社をご検討ください。―

 

ホームページ。

閲覧することは難しくありませんが、作成するとなると簡単にはいかないですよね。

 

私たちが普段目にするホームページは、実は文字記号の羅列で作り上げられています。

といっても、実際に目に見えているタイトルや本文、リンクなどの文字のことではありません。

 

「HTML」という言葉をご存知でしょうか?

今回は、これについて詳しく説明していきたいと考えています。

 

HTMLとはなにか?

 

「HTML」が何を略したものか、についてお話します。

「HyperText Markup Language」の頭文字をとったもので、

「ハイパーテキスト」なるものを、構成する(=Markup)する言語(=Language)であることを意味しています。

 

…これでもよくわかりませんよね…?

 

「HyperText」とは、インターネット上での文字列に別の文書や画像などを紐づける形式を指します。

 

ホームページを眺めていて、例えば「ホームページ制作のお悩み」といったような文章があったとします。

ですが、その前後には目的であるはずの「ホームページ制作のお悩み」のリンクはなく、「ホームページ制作のお悩み」がほかの文章と色が異なっているだけです。

 

いまや当たり前となっていますが、「ホームページ制作のお悩み」をクリックすると、その目的のページへと移動できる仕組みなんですね。

この関連付けを「ハイパーテキスト」と呼んでいます。

 

これを構築するための「特別な言語」、これが「HTML」なのです。

 

お好きなホームページをご覧になっているときに、右クリックをして「ページのソースを表示」を選択してみてください。

 

頭が痛くなるような文字列が表示されます。

これがホームページの正体です。

 

ホームページ上での動き、表示方法はすべてこのように指示されております。

 

簡単なものをご紹介いたしましょう。

 

HTMLの基礎知識

 

.htmlの拡張子ファイルを作成したものとしてお話を進めていきます。

まず、ホームページの頭とおしまいを決めるために、

 

<html>

<body>

</body>

</html>

 

という命令を出します。

 

「なぜ?」

とお思いかもしれませんが、今は「こういうものなんだ」とお考え下さい。

 

英語の文法が「名詞+動詞+目的語」となっている、と同じような感覚で問題ありません。

 

<html>や</body?>

などのことをタグと言います。

 

さて、なにか文章を打ってみましょう。

もちろんインターネット上でこのホームページを閲覧した際に見ることができる文章です。

 

仮にここで「ホームページへようこそ」と表示したいとします。

この場合、

 

<p>から始めて</p>で終わるタグを用意し、この囲みの中に「ホームページへようこそ」と入力します。

 

<p>ホームページへようこそ</p>

となります。

これで実際のホームページ上では、「ホームページへようこそ」と表示されるようになるんですね。

 

このテキストを左寄せ、中央ぞろえ、右寄せにしたい時には、適宜、

 

<p aline=”left”> <p aline=”center”> <p aline=”right”>

 

と始めてテキストを打ち込みます。

 

それでは、先ほども例に挙げました「ホームページ制作のお悩み」のテキストをクリックすると別ページへ飛べる仕組みをご紹介いたします。

 

じつはこれも簡単なんです。

 

<a href=”表示したいページのURL”>ホームページ制作のお悩み</a>

 

これだけなんです。

こうすることで「ホームページ制作のお悩み」をクリックすることで、該当ページを表示することができるようになります。

 

HTMLをうまく使えば、非常に閲覧しやすいホームページを作成することが可能です。

 

もう少し遊んでみましょう。

 

<a href=”表示したいページのURL”> target=”_blank”>ホームページ制作のお悩み</a>

 

target=”_blank”>にご注目ください。

これを挟むことで、表示するページを別ウィンドウにて開くことができるようになります。

 

<body link=”blue”><body alink=”blue”><body vlink=”blue”>

というものもあります。

 

これらは順に、「まだ表示していないページであることを意味する色の指定」「リンク先URLをクリックした際に瞬間的に変わる色の指定」「既に表示したページであることを意味する色の指定」です。

 

いちどクリックしたことがある場合は赤、まだ表示していないなら青などに指定しておくことで、閲覧者のホームページ回遊性をあげると同時に、ストレスを減らすことができます。

 

まだまだありますが、今回はいったんここまでとさせていただきます!

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

 

――岐阜県岐阜市を中心に、高品質なホームページ制作をお手伝いさせていただいております!すこしでも興味がある方も、今すぐにホームページが欲しいとお考えの方も私たちにぜひ一度、ご相談くださいませ!――

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ