岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

HTMLの種類をご紹介

―T-laboは、岐阜県に拠点をおいて、皆さまのホームページ制作をお手伝いさせていただいています。高品質・結果重視。そんなホームページ制作会社をお探しなら、ぜひ弊社をご検討ください。―

 

前回は、「ホームページの正体」第一回目としまして、「HTML」についてお話いたしました。

 

HTMLの基礎知識!前回の復習をしよう

 

「HyperText Markup Language」の頭文字をとったもので、

「ハイパーテキスト」なるものを、構成する(=Markup)する言語(=Language、ホームページ作りには欠かせない「特別な言語」です。

 

どのようなものがあるか具体的なものをご紹介いたしました。

 

まず、ホームページの頭とおしまいを決めるためには、

 

<html>

<body>

</body>

</html>

 

というタグで囲みます。

 

文章入力を行う場合、<p>から始めて</p>で終わるタグを用意し、この囲みの中に前回の例をそのまま使うと「ホームページへようこそ」と入力します。

 

<p>ホームページへようこそ</p>

となります。

これで実際のホームページ上では、「ホームページへようこそ」と表示されるようになるんですね。

 

このテキストを左寄せ、中央ぞろえ、右寄せにしたい時には、適宜、

 

<p aline=”left”> <p aline=”center”> <p aline=”right”>

 

と始めてテキストを打ち込みます。

 

<a href=”表示したいページのURL”>ホームページ制作のお悩み</a>

 

とすれば、「ホームページ制作のお悩み」のテキストをクリックすることで、該当ページを表示することができるようになります。

 

<a href=”表示したいページのURL”> target=”_blank”>ホームページ制作のお悩み</a>

 

target=”_blank”>にご注目ください。

これを挟むことで、表示するページを別ウィンドウにて開くことができるようになります。

 

<body link=”blue”><body alink=”blue”><body vlink=”blue”>

というものもあります。

 

これらは順に、「まだ表示していないページであることを意味する色の指定」「リンク先URLをクリックした際に瞬間的に変わる色の指定」「既に表示したページであることを意味する色の指定」です。

 

いちどクリックしたことがある場合は赤、まだ表示していないなら青などに指定しておくことで、閲覧者のホームページ回遊性をあげると同時に、ストレスを減らすことができます。

 

うまくHTMLを活用すれば、大変見やすいホームページが出来上がります。

 

今回はこのほかのタグについてお話いたします。

 

font color=色を変化させる

 

文字の色を変えてみましょう。

 

<font color=”好みの色”>色を変えたいテキスト</font>

 

で任意の色に変えることができます。

#000000で白というように16進数で色を指定してもよいですし、whiteと名前を直接入力しても反映されます。

 

font size=文字の大きさを変える

 

また文字の大きさも自由に変更することが可能です。

 

<font size=”1~7”>大きさを変えたいテキスト</font>

 

7が最も最大値であり、1なら小さくなります。

通常サイズは3として設定されています。

 

つらつらとご紹介しましょう!

 

太さを変える、斜め字体にする・・・

 

・文字の太さを変更する

 

<b>ホームページ制作</b>

 

・文字を斜めにする

 

<i>斜めに見せたい文字</i>

 

・文字にアンダーラインをかける

 

<u>アンダーラインを引きたい文字</u>

 

・文字に消込の線をかける

 

<s>消込をかけたい文字</s>

 

このほかにも様々な表現が可能です。

 

ホームページの中で文字入力するためのタグ

 

さて、ホームページの中で文字を入力することができる「検索窓」なるようなものをみかけたことはありませんか?個人情報の記入でもみることができるあのスペースです。

実はあれもHTMLを駆使することで、実現できてしまいます。

 

<form>

<input type=”text”>

</form>

 

これで入力窓ができあがります。

 

これを活用して、

 

<form>

メースアドレス<input type=”text” name=”メールアドレス”>

<input type=”submit” value=”送信”>

</form>

 

とすると、メールアドレスを入力後、送信ボタンにて必要事項を送ってもらうことが可能になります。

 

皆様は日ごろ閲覧されているホームページはどのような形式でしょうか。

 

画像などがあって見やすいかもしれません。

文字がわかりやすく、読みやすいかもしれません。

 

ほとんどがHTMLを使用されて、表現されています。

 

今回ご紹介したものはHTMLのほんの一部にすぎません。

非常に多くの言語が用意されており、その用途も様々です。

特に気に入られたホームページがございましたら、一度右クリックをして「ページのソース」を確認されてみてはいかがでしょうか。

 

素敵なホームページがどのようにして作られているか、その裏側を垣間見ることができるかもしれません。

 

もちろん、HTMLは難しいポイントも数多くあります。

「お手上げだっ!」と感じられましたら、あきらめずぜひ私たちにご連絡・ご相談ください!

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

 

――T-laboは岐阜県岐阜市を中心に、高品質なホームページ制作をお手伝いさせていただいております!すこしでも興味がある方も、今すぐにホームページが欲しいとお考えの方も私たちにぜひ一度、ご相談くださいませ!――

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ