岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

T-laboブログ

HOME > BLOG > ホームページの意味を考え直そう

ホームページの意味を考え直そう

2019年2月26日

岐阜でホームページを制作されたい方は、T-laboにお任せ!
超売上特化型のホームページをつくっております。
まずは無料相談から初めてみませんか?
あなたの会社を大きく変える戦略をお教えしますよ。

こんにちは。
WEB制作から、”集客”のお手伝いをしているT-laboブログ担当ヴェルホーヴェンスキーです。
今回はホームページの意味をみつめなおしてみようと思います。

現在、ホームページ制作は過渡期にはいっています。

とくにT-laboの拠点である、岐阜、あるいは、お隣名古屋には数多くのホームページ制作会社があります。
そこで今回は、ホームページで大切なこととはなにか?
改めて考えていきたいと思います。

もともと、ホームページというコトバは一般的に、企業ホームページ、つまりコーポレートサイトの需要のほうが多いという背景をもっていました。

コーポレートサイトでは、例えば、会社の理念や、会社の取り組みの姿勢、規模などを、インターネットという不特定多数に人々に対して、情報を提供できるように、つくられていました。

このころの特徴としては、岐阜のT-laboが掲げているようにホームページ=売上アップという関連性がまだ成立していなかったことにあると思います。

つまり、利益をあげる、という観点からはあまりホームページは有用であるという認識がまだなされておらず、基本的に上記で紹介したような、会社案内に近い意味で使用されていることが多かったり、大部分が、どうして必要であるのか?を認識しないまま、どちらかというと。「あいまい」な姿勢で制作している会社が多かったようです。

ただし近年では、「コンテンツの面白さ」や「打ち出しの方法」、「強みの見せ方」等、ホームページを使用する方法を変化させることで、Webサイト自体の意味が大幅に変化してきているのです。

CSSやjavaScriptのように動きを表現できる技術がますます高まったことで、コンテンツはただ読みだけではなく、魅せるものとしての認識が高まってきているということでしょう。

さてここで注目しておくべきポイントとしては、ホームページは、情報を提供するユーザーをつねに意識しなければならないということです。

例えば、まったくユーザーの視点に立っていないホームページがもし検索ランキング上位にきていたとしても、どうしてそれが売上げアップにつながることになるでしょうか?

そして、ユーザー個々いったいどのような悩みを抱えているか、この部分を考慮せずに制作されたホームページの魅力とはなんでしょうか?

こういった点を考えなければ売上のあがるホームページになることはないでしょう。
次回に続きます。

T-laboって何してくれるの?
  • T-laboに対するホンネを公開
    VOICE お客様の声
  • 売上が上がるホームページとは!
    Works 制作実績
  • ここだけの情報満載T-laboBlog
    BLOG ブログ
  • T-labo
    Message 代表挨拶
超集客特化型HP制作なら T-labo
お気軽にお電話ください

無料相談・無料ホームページ診断は
T-laboへお気軽にお電話ください!

058-215-5105 メールでのお問い合わせ

メール

資料

会社概要

アクセス

pagetop