岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 WEBって何?01

初めまして!今年度よりT-laboで新しく働くことになりました、新入社員のK丸です。よろしくお願いします。

 

K丸自己紹介!

 

簡単にK丸についての自己紹介をしますと、今年の3月まで岐阜県岐阜市にある某大学で経済学を勉強し、大学の課程を無事に4年で終え、社長の魅力的な人柄、岐阜県ではあまり聞かないWEBデザインの仕事、そしてコンサルティングと広報運営に学生時代から興味があり、T-laboに応募したところ、なんと入社する運びとなりました。右も左も分からない新人のためか、社長から「まずはブログを書け!」という最初の業務指示を受けまして、勝手がわからない手さぐりの状態ではありますが、このブログを通して色々と学んでいき、自分の成長の場として活用していきたいと思います。

 

さて、みなさんの生活でいまや欠かせなくなったインターネット。ちょっとした調べ物はわざわざお金を出して専門書や雑誌を買わなくても、調べるだけであればまったく費用はかからず、検索エンジンで気になるワードを打ち込み、ワンクリックをポンと1回押しただけで、ネットのウェブ上にあふれかえっている、情報をまとめて一挙に自らの手にすることができます。(なんてお手軽なのでしょう!)

 

とかくいうK丸も毎日のように自宅のパソコンやスマートフォンを使って、岐阜県にある美味しそうな料理屋や通販サイトで激安に売られている服などの商品を暇があれば探しています。

そして驚くことに自分の欲しいものが簡単に、それも、たった数分で見つけ出すことができるのです!(選り好みをしなければのはなしですが…)インターネット時代が到来してはや何年経ったのかは分かりませんが、インターネットというのはつくづく利便性の高いものであることは間違いがないようです。

 

しかし、誰もが一度は感じる素朴な疑問。『そもそもWEBって何?』

 

WEBってそもそも何?

 

どうでしょうか?皆さんは感じたことはありませんか?私もWEBデザインやホームページ制作を専門に行っているT-laboで働き始めたものの、WEBについての知識はゼロ…。

ということでK丸が「WEBについて」誰もが知っているようで知らない初歩的なことを第一回目に調べてみました。

 

まず”WEB”という言葉について。それは”World Wide Web”の略なんです…といわれてもぴんときませんよね。

つまり簡単にいえば、世界中に拡散している情報を、網目のように張り巡らしたネットワークによって1つにつなぎ、インターネットのWEB上にまとめてアップし、情報源となっている各ページへと飛ぶことによって、それらを閲覧することができるようになっているのです。

例えば「ある岐阜県のデザイン会社について調べたい!」と思い、その会社の名前を検索することでホームページはもちろん、WEB内に上がっている、会社の名前に関連したあらゆる情報、そして自分が見たい・調べたいと思うコンテンツを大量に見つけ出すことができるのです。

 

ここからは少し専門的になりますが、WEBの仕組みについての話です。

 

WEBの仕組み

 

どのようにWEBが構成されるのかというと、WEBブラウザーというWEBを開くツールを使い、URLと呼ばれるアドレスを入力することで、記事や広告が掲載されているHTMLファイルを開くわけです。

つまり、いま私たちが見ているこのページがWEBブラウザーというものであり、それはインターネットエクスプロ―ラーやグーグル・クロームやサファリといった様々な種類のプラウザーがWEB存在し、ユーザーの使い勝手のよさに応じて使い分けていきます。

 

そして、われわれT-laboもホームページ制作を行っているわけですが、もし企業がホームページを作成し運営しようと考えているのであれば、WEBサーバーというものが必要となってきます。Webサーバーというものは、サービスを提供する側、つまり飲食店でたとえるなら、レストランの料理を提供する側になります。

また反対にサービスを受ける側はクライアントと呼ばれ、レストランで料理を提供される側になります。

 

もう少し、仕組みを詳しく説明すると、ネットワークに接続され、クライアントからリクエストに応じて、HTMLファイルや画像ファイルなどを送り、WEBブラウザーからアップしたコンテンツが閲覧できるように処理してくれるものになります。

 

WEBサーバーにはいろいろな種類があり、メールサーバー、ファイルサーバー、FTPサーバー、プロキシサーバー、データーベースサーバーなどがあります。

ここで話がつながることになりますが、クライアントについてはWEBブラウザーのことを指しています。

つまり、インターネットイクスプロ―ラーやグーグル・クロームやサファリなど先ほど説明したものですね。

 

”クモの巣”と例えられるネットで生き残るためには・・・

 

お互いのやりとりとしてはサービスを受ける側のクライアント(WEBブラウザー)がサービスを提供する側(WEBサーバー)に知りたい情報のリクエストを与え、サービスを提供する側(WEBサーバー)がリクエストとに対して解析や判断を行い、回答としてのレスポンスを出します。

つまり、両者があって『WEB』というものが成り立っているわけです。

                                                                                                           

またここで重要となってくるのが、世界中にいたるところから情報を提供したり、情報を受けたりする人間がいるということになるので、WEBでホームページを制作しようと考えた時、大量の情報源がWEB上には存在し、それに伴って必然的に競争率が高くなっていきます。

WEB上での商品販売や、WEBを使用しての顧客獲得を発案し、新たに企業ホームページを立ち上げようと考えた際、かなり重要視すべきポイントは、“WEBデザイン”なんです。

 

というのも、サービスを受ける側のユーザーの立場としては、このホームページからはどんなサービスが望めるのか、あるいはどういう部分が他のホームページとは違うのかという差別化を意識することになるからです。

 

情報の価値を選択するのは、利用する側の人々ということを、まず念頭に置かなければならないのです。

すると、逆に広告を運営している側が考えなくてはならないのは『どうやって世界中に多数いるユーザーに向けて、自分の会社の強みを売り込み、そして自らのサイトへと彼らを導くか』がとても大切になってくるのです。

そのため、グラフィックデザインの美しさ、一目でわかる広告の見やすさ、動画がスムーズに再生されるなど、ウェブサイトの運営クオリティーを高め、ユーザーに寄り添った情報としてホームページ制作の質を向上させていくことが、”クモの巣”とたとえられるインターネットの世界で、より多くの人々に閲覧してもらうことが可能になるわけですね。

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ