岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

超集客特化型! T-labo
058-215-5105 メールでお問い合わせ

T-laboブログ

HOME > BLOG > ワークショップについて

ワークショップについて

2019年4月11日

こんにちは。
わたしはWEB制作からWEBデザイン、売上につながるコンサルティング業務などを通じて、岐阜で活躍されている企業の皆様の”集客”のお手伝いをさせていただいております。
T-laboのブログ担当アリスです。

昨今、体験型のワークショップや、交流会などが各地で開催されています。
(ジャンルは広範です)

ワークショップのメリットは、『決められた型を超えた参加者たちとの共同作業』と言った部分と、『企業・ヒトの問題点の顕在化』が挙げられます。

ワークショップは学びの場として、活用することができ、一般的に「受け身型」である学習態度から、能動的な学びへと転換することができます。

ホームページ制作会社の中にもワークショップを開催することで、自分たちがどのような活動をしており、あるいは体験者の声を生できけることで、自分たちの経営を変化させる要素を抽出することができるということで、取り入れていこうとする動きがあります。

ワークショップは実際に自分の手で物事に触れることで、ビジネスに参加者を巻き込むことができます。

とはいえ、それは決して利益に直結していくわけではありません。

何かしらホームページ講座なるもの開いたとしても、「ではホームページ買ってください」となるわけではありません。

ホームページってこんなことに活用できるし、後々利益にもなるんだよ、という問題意識というか、新しい視点を参加者に与えることができるのです。

ものを買うのはあくまでもユーザーであり、昔とは違い、企業が出すサービスをユーザーに提供するというより、ユーザーに何か問題があり、その問題を解決するようなサービスを企業が提供する、という逆転が実際のビジネスの現場では起こっています。

ここで大切なのは、参加者(企業側も含めて)自分たちが漠然と感じていた問題意識に対する「実感が湧く」というのがワークショップを行う意義であるということです。

会議と聞くとどうしてもボトムアップな形で進行するイメージがあるかもしれません。
つまり、一部の人間が言葉を出して積み木を重ねていくように、徐々に話を固めていくようにするのです。

しかしながらワークショップでは、まずはある目的を提示します。

目的があり、そこに参加者を募っていき、どう活用するのか、どう体験するのか、が企図になりまう。

つまり、トップダウン的にある上位の目的に対して徐々に下位にわかりやすい形で還元していくのです。

簡単ではありましたが、ワークショップはビジネスの新しい課題、取り組みを考え出す上ではとても有効的な手段のひとつであるのです。
こんにちは。
わたしはWEB制作からWEBデザイン、売上につながるコンサルティング業務などを通じて、岐阜で活躍されている企業の皆様の”集客”のお手伝いをさせていただいております。
T-laboのブログ担当アリスです。

昨今、体験型のワークショップや、交流会などが各地で開催されています。
(ジャンルは広範です)

ワークショップのメリットは、『決められた型を超えた参加者たちとの共同作業』と言った部分と、『企業・ヒトの問題点の顕在化』が挙げられます。

ワークショップは学びの場として、活用することができ、一般的に「受け身型」である学習態度から、能動的な学びへと転換することができます。

ホームページ制作会社の中にもワークショップを開催することで、自分たちがどのような活動をしており、あるいは体験者の声を生できけることで、自分たちの経営を変化させる要素を抽出することができるということで、取り入れていこうとする動きがあります。

ワークショップは実際に自分の手で物事に触れることで、ビジネスに参加者を巻き込むことができます。

とはいえ、それは決して利益に直結していくわけではありません。

何かしらホームページ講座なるもの開いたとしても、「ではホームページ買ってください」となるわけではありません。

ホームページってこんなことに活用できるし、後々利益にもなるんだよ、という問題意識というか、新しい視点を参加者に与えることができるのです。

ものを買うのはあくまでもユーザーであり、昔とは違い、企業が出すサービスをユーザーに提供するというより、ユーザーに何か問題があり、その問題を解決するようなサービスを企業が提供する、という逆転が実際のビジネスの現場では起こっています。

ここで大切なのは、参加者(企業側も含めて)自分たちが漠然と感じていた問題意識に対する「実感が湧く」というのがワークショップを行う意義であるということです。

会議と聞くとどうしてもボトムアップな形で進行するイメージがあるかもしれません。
つまり、一部の人間が言葉を出して積み木を重ねていくように、徐々に話を固めていくようにするのです。

しかしながらワークショップでは、まずはある目的を提示します。

目的があり、そこに参加者を募っていき、どう活用するのか、どう体験するのか、が企図になりまう。

つまり、トップダウン的にある上位の目的に対して徐々に下位にわかりやすい形で還元していくのです。

簡単ではありましたが、ワークショップはビジネスの新しい課題、取り組みを考え出す上ではとても有効的な手段のひとつであるのです。

T-laboって何してくれるの?
  • お客様の声
  • 制作実績
  • T-laboBLOG
  • 代表挨拶
制作実績 お問い合わせはこちらから!