岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 ホームページの運用05

こんにちは。岐阜県岐阜市に拠点をかまえるT-labo新入社員のK丸です。

今回で「ホームページサイトの運用方法」は第5回になります。

 

リスクマネジメントとは一般的に考えられているのは、会社に不利益な問題となるもの、つまり、リスクとは「未来的に起きるであろうこと、あるいは予測される事故・不祥事」という意味で、リスクマネジメントとは、そのリスクをマネジメントとする、つまりリスクを管理していくということなのです。

 

よって簡単にいえば、「予測できる損失に対する事前におこなう対策」のことをいうのです。

 

このリスクマネジメントという言葉は一昔までは、そこまで重要視されていませんでした。(まったくというほどではないですが…)

 

ただ、インターネット社会に突入したことで、さらには個人情報保護によって、フェイスブックやツイッターなどのSNSからの誹謗中傷、風評被害、あるいは、個人情報が漏洩してしまうといったトラブルまで”危機”と呼ばれる状況が、技術が革新していくごとに年々増加してきています。

 

誰でも気軽に発信できるような環境になったからこそ、その気軽さに安寧することなく、また多様化・複雑化してきたからこそ、外に対する内、つまりホームページにおいても“内的な防御”をしっかりと構築していかなければならないのです。

 

またホームページだけでなく、企業においては商品の配送や管理、あるいはサービス上個人情報を預からなければならない状況があるかとが思いますが、だからこそ、小さなトラブルであっても、後々大きなトラブルになりかねない状況を避けるために、つまり、簡便にパソコンで顧客・消費者の情報を管理したりしていたとしても、万が一、社会でよく問題にされているインターネットを通じた個人情報が漏洩、あるいはユーザー同士の情報がインターネットによってあまりにもつながりやすくなっている状況による飛散の危険性などに対してトラブルを避けなくてはならないのです。

 

リスクマネジメントとは「危機管理」と間違えやすいものなのですが、「危機管理」というものは「現実に起こった危機への対処」であるのに対し、「リスクマネジメント」は「未来において起こるであろう損失・危機あるいはこれから起きるかもしれない危険性への対策」という違いがあるので覚えておきましょう。

 

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ