岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

T-laboブログ

HOME > BLOG > 工務店の集客方法

工務店の集客方法

2019年5月7日

こんにちは。

わたしはWEB制作からWEBデザイン、売上につながるコンサルティング業務などを通じて、岐阜で活躍されている企業の皆様の”集客”のお手伝いをさせていただいております。

T-laboのブログ担当アリスです。

 

今回は、工務店の集客方法について考えてみましょう。

 

工務店の場合、端的に言って、営業マンが家に直接行き、営業活動をしたとしてもほとんど効果がない、といえます。

 

なぜなら、新築や注文住宅を探されているお客様は、家という「一生の買い物」をされるわけので、もちろん、自分で数多くの建築会社を調べることでしょう。

 

そのため、突然やってきた、会社の名前も知らない工務店の営業マンがやってきても、「誰、あなた?」と、成約率に関わってくるといわれる、『信頼感』を獲得することができなくなるからです。

 

また、DMやポスティングも、飛び込み営業と比べると、成約率は増すものの、すぐに効果出るとは言えない。

 

さらにチラシなどには、だいたいの工務店は、「安い家つくります!」や「坪単価が格安です!」と言った、理念的なものではなく、値段などの情報が多いと言えます。

 

しかし、このようなチラシは、日常茶飯事、ポストに投函されるものになるので、

捨てられたり、目を通してなんとなく流し見されるだけが落ちです。

 

家が欲しい!という人たちは、決して「値段」だけで商品を選ぶわけではありません。

 

つまり、多くの要素を踏まえてーーもちろんその中に値段も一つの要素になるわけですがーー最終的な購入の意志を固めるのです。

 

家は、なんと言っても生活設計が思い描けないことには、彼らの心に響くことはありません。

 

家は、人が住むものです。

 

だから、物理的なもの以上に、心理的な要素、例えば、誰と住むからどのような家にするのか?趣味や調理スペースが確保できるほどの広さがあるのか、周りの家とは違うデザイン性の高い家を立ててくれるのか?

そこまで考えているのです。

 

そう考えると、工務店のプロモーションをする際には、まずはホームページ などを活用して、お客様に自社の工務店のことを知ってもらう接点を増やす必要があるのです。

 

“信頼関係”と言った点を考慮するなら、モデルハウスや相談会、展示会などに誘導することも一つの手と言えるでしょう。

 

集客で重要と言われているのが、『ユーザーに行動を起こさせる』ことです。

基本的にユーザーは動きません。

つまり本当に興味のあるサービスに対しては実際に行動を起こすこともありますが、全く興味のない会社に対しては、冷たくあしらうのが基本です。

 

そう言った点を踏まえると、まずは認知や興味喚起を煽るようなサイトやイベントを行い、徐々に、ユーザーとの信頼関係を構築しながら、最終的に、成約へと至るようにしなければならないということなのです。

T-laboって何してくれるの?
  • お客様の声
  • 制作実績
  • T-laboBLOG
  • 代表挨拶
制作実績
超集客特化型HP制作なら T-labo
お気軽にお電話ください

無料相談・無料ホームページ診断は
T-laboへお気軽にお電話ください!

058-215-5105 メールでのお問い合わせ

メール

資料

会社概要

アクセス

pagetop