岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」

T-laboブログ

HOME > BLOG > 本日は私たち岐阜のT-laboのご紹介

本日は私たち岐阜のT-laboのご紹介

2019年5月20日

こんにちは。
岐阜で活躍されている会社様を”集客”の面でお手伝いをさせてもらってますT-laboの、ブログ担当アリスです。

本日は私たち岐阜のT-laboが、ホームページを制作する際にも、常に意識している「市場」について考えてみたいと思います。

もし集客を意識しながら、サイトをつくる場合、大切なことがあります。

それは「ハイエンド、ローエンド」これらの市場状況を的確におさえておくべきということです。

市場とはそもそも、商品やサービスが流れる“場”であると考えてよく、その市場の特徴を、しっかりとつかんでおくことで、より効果的なマーケティングを行うことにも繋がっていきます。

経済学用語では、市場は「生産や販売や出荷など取引がなされているすべての場所」です。
もっと細かくいうと、商品やサービスが生産され、消費される「財市場」、労働力の売り買いがなされる「労働市場」、日本銀行が貨幣を供給し、企業や家計が貨幣を需要する貨幣取引の場を「貨幣市場」に分けられます。
(これはケインズのモデルです)

さて、上記の市場については、起業家が新たに事業を発起する際には、必ず考慮しておくべきことだと言われています。

ただし、現在、事業を開始してしまっている方々においても、自分がどの市場領域に所属しているのか、市場特性ってどんなことなのか、を含めて、自分なりに把握しておくと、どのようなマーケティングを行うことができるのか、を具体的に想像して、戦略を立てやすくなるので、この機会に覚えておいても良いかもしれません。

ハイエンド市場とは、簡単に言えば、製品が、高価格帯かつ高性能であり、ユーザ全般を対象にするわけではなく、上位のユーザーに対してマーケティングを行っていく市場のことです。

つまり、ターゲットとしては、「所得の多い層」を狙っていくため、ホームページを作るときも、高級感があったり、ブランド力があったりと、どちらかということ、コンテンツ内容もしっかりと専門的なものにしつつ、デザインについて、レベルの高いもので作ったほうが、良いと言われています。

高い技術力を誇る日本企業はハイエンド市場をターゲットとして商品を売り出すことが多いです。

続いて、ローエンド市場についてです。
おそらく、ハイエンドがわかれば、ローエンドについてもわかっても良いかと思います。

ローエンド市場とは、高機能、高価格の商品の売り買いがなされる場ではなく、ある程度の機能を備えた商品であり、機能というよりかは、「コスト面を重視したい!」そんなユーザーをターゲットにしている市場をさします。

簡単に言えば「家計に優しい市場」であり、ホームページは価格帯としては少し高いですし、必要性といった面でも、ローエンド市場には該当しないことでしょう。

T-laboって何してくれるの?
  • T-laboに対するホンネを公開
    VOICE お客様の声
  • 売上が上がるホームページとは!
    Works 制作実績
  • ここだけの情報満載T-laboBlog
    BLOG ブログ
  • T-labo
    Message 代表挨拶
超集客特化型HP制作なら T-labo
お気軽にお電話ください

無料相談・無料ホームページ診断は
T-laboへお気軽にお電話ください!

058-215-5105 メールでのお問い合わせ

メール

資料

会社概要

アクセス

pagetop