岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 広告効果の測定 04

こんにちは。岐阜市に拠点を構える岐阜のT-labo新入社員のK丸です。

 

今回で「インターネット広告の効果測定」は第4回目となりました。

 

今日は「広告費用対効果」についてご説明しましょう。

 

インターネット広告測定の最大の魅力は、パソコンによる分析なので、「細かく精密に効果測定ができる」ことにあります。

 

さて、広告費用対効果は2種類あり、それは顧客獲得単価、CPA「Cost Per Action」というものと、もうひとつがROASと呼ばれており、「Return On Advertising Spend」というものです。

 

顧客獲得単価(CPA)はマーケティング用語としても使用されています

 

顧客獲得単価(CPA)とは、コンバージョン単価と呼ばれており、計算式で分かりにくいかもしれませんが、全体の広告コスト÷コンバージョン数で表現されます。要するに「お客様1人にたいしてコンバージョンを得るのにいくら投資したか?」ということです。

 

たとえば岐阜のT-laboで考えれば、ホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン、ウェブサイト企画などコンサルティング会社ではあるのですが、目標としては、岐阜の企業様へのホームページ制作やお問い合わせがメインのコンバージョンになります。

 

つまり、岐阜のT-labo の顧客獲得単価(CPA)を計算しようとすると、岐阜の企業様へホームページ制作やお問い合わせがメインのコンバージョンになるわけので、これらにリスティング広告やリマーケティング広告などのSEO対策で使用した費用、ホームページ制作にかかった費用などを基準として「コンバージョンを得るのにいくら投資したか?」をはかることになるのです。

 

顧客獲得単価(CPA)はパソコンによって計算をしていくだけなので、資料やアンケートなどで直接、顧客からのヒアリングがいらないので、インターネット広告は他の広告と比べるととても手軽に使いやすい指標になるのです。

 

ROASとは、「インターネット広告費に対してどの程度の売上が上がっているか?」をあらわすものです。つまり、コンバージョンではなく売り上げに重点を置いたものになるのです。

岐阜のT-laboは岐阜の企業様に向けて「ホームページ制作はいかかでしょう?」というような広告を数多くだしていきます。そこでROASによって示されるのは、「岐阜の企業に向けて投資した広告費用の回収率」であり、それは広告掲載料1円あたりの売上額を指すようになるのです。

このROASの数値が高いほど、企業としてもっとも大切な「費用対効果」を高く、さらには効率的にインターネット広告が運用できているということになるのです。

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

「売り上げをあげたい!」「安い費用でHP制作をしたいな…」「運営コンサルを任せられないかな?」

そんな企業様はぜひ岐阜県岐阜市の「T-labo」にお任せください!

岐阜の「T-labo」は「売り上げアップ」「安いホームページ」「岐阜活性化」の3つを合言葉に、とことん「効果」の上がる広報企画を提案しております。WEBサイト・ホームページ制作のプロとして、岐阜の会社様の集客力・受注率・効果アップの企画をご提案いたします。

「岐阜のブランディング会社といえばT-labo」お客様にそう言っていただけるように日々業務努力しております。

まずは無料診断から始めてみませんか?

https://takai-laboratory.com/contact/#contact

※現在岐阜ラボというWEBサイトにおいて、「岐阜の企業様を応援」というスローガンのもと、岐阜地域の会社様に企業の強みやサービス内容などについてインタビューしております。もし「岐阜ラボにインタビュー記事をのせて欲しい」というお客様はぜひ岐阜県岐阜市徹明通4−5−1大黒ビル2階西・Web制作・企画・運営宛におハガキをいただくか、岐阜の「T-labo」までお電話下さい

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ