岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 WEBって何?02

こんにちは。T-labo新入社員のK丸です。

今回でブログ更新が2回目となりました。

前回は『そもそもWEBって何?』について、WEBサーバーやWEBブラウザーのことなどを交えながらお話しました。

今日は『WEBコンテンツ』のことを新たに調べてきましたので、この場を借りて文章にまとめさせていただきます…が、ちょっとその前に、少し寄り道をして…わが社T-laboの社長について、私の体験を少々取り入れつつお話したいと思います。

 

T-laboの社長について

 

私が最初に社長にお会いしたのは、T-laboの最終面接のおりでした。

その時の第一印象は、とにかく背が高く、肩幅も広く、全身のガタイも人の倍あったものですから、「プロレスらーみたい、大っきな人だな」という少し変わったものでした…(言葉を悪くいえば威圧感のある人と…笑)

しかし、実は最終面接の前に、人事担当の方から社長について「とにかく仕事はできますよ、企業への訪問は毎月欠かさず、まだ若社長のためか、とにかく身軽なんです、体の見た目と違いますが…仕事に対する姿勢も情熱的です」というお話を伺っていたのです。

そのため、体の大きさに圧倒されながらも、岐阜県の大学で取り組んだことやWEBデザインやコンサルティングや広報運営への興味を私なりの言葉で率直に話したところ、眼鏡の奥から(社長は眼鏡をかけています)真摯なまなざしを向けて下さり、相槌をうちながら一言一言を丁寧に応答して下さって、私の第一印象とは違い、とても素晴らしい人格と人柄の持ち主でした。(T-laboを持ち上げようとかは考えていません笑)やはり、長年働くなら、魅力的な社長のもとで働きたいという希望をもっていたので、合格のお電話をいただいた時は、正直なところ、とても嬉しかったことを覚えています。

 

申し訳ありません、長々とおつきあいいただき…では本題に入りまして、

今日はWEBマーケティングにおいて、とても重要となってくる『WEBコンテンツ』についてお話ししたいと思います。

 

WEBコンテンツ

 

どうして重要なのかというと…もし企業のホームページに、ユーザーを集客しようとするためには決して外せない肝心要なポイントとなってくるからです。

 

WEBコンテンツの“コンテンツ”とはその名の通り「内容・中身」というもの。

つまり、WEBコンテンツとは、WEB上で取り扱う情報や記事ということになります。

 

WEBコンテンツについて詳しくお話する前に、まず現代社会を考えてみましょう。

パソコンで使用するインターネットが一般家庭に普及する前までは、情報はいわば一方方向に流されるものであり、(例えば、TVや新聞やラジオの類)消費者はそれを当然のごとく受け取っていました。しかし、低価格で質の高い家庭用パソコンが日常家庭に普及したことで、私たちの前にインターネットという広大なデジタル世界が広がり始め、それに比例するようにインターネットと私たちの生活は切っても切り離せない関係となっていき、視聴者と配信者がインタラクティブな送受信が可能となりました。

 

さらに現代において、老若男女問わず、スマートフォンが日常社会に浸透し、ツイッターをはじめ、フェイスブックやインスタントグラムといった、ソーシャルメディアの利用が増えたことで、自分の関心のある商品やおすすめしたいサイトなどをWEB上に積極的に自己発信し、それがユーザーに対して極めて効果の高い購買誘発を生むようにもなりました。

 

このように数年前まではマスメディアにしか許されていなかったものが、市井の人々にまで広がりを見せたことで、WEBコンテンツはいわば、HPなどで企業の商品をアピールする格好の場となったのです。つまり、コンテンツの質を高めることで、公共的に使用されるオープンなWEBという場所で、大幅な宣伝費用は使わずして、格安でユーザーに商品情報を届けることができるようになったのです。

今ではビジネスにおいて、WEBがある意味で「チラシ、パンフレット」のように商品カタログとして使われ、一種の重要なマーケティング手段となっているのです。

 

コンテンツで大切なのは量ではない!

 

そして、WEBコンテンツの黎明期には「コンテンツで大切なのは量である」といった誤った解釈がなされていました。しかし、誰でも手軽に情報を発信できるようになったため、信憑性の低い広告やネガティブな記事を含め、過渡に氾濫した情報が錯綜するようになってきたため、近年は「WEBコンテンツ」そのものの作成や使用方法が問い直されているのです。

ホームページへのアクセスや反響を得るためにはユーザーの文脈や価値観に合わせて、きめ細かなコンテンツを作成し、SEO対策や消費者にとって有益な情報を、適切な機会に提供する独特のシナリオを設計し、それに基づいてコンテンツを運営、デザインするといった新趣向のカスタマイズ化を行っていかなければならないのです。

例えば、「岐阜県岐阜市にある某企業様ホームページにおいて」①表示されているコンテンツの順番を変える②訪問数に応じて違うコンテンツを与える③どこからアクセスしたかによってコンテンツを変えていくなどの対策を考えることができます。

 

また、値段についても、高いと企業にとって感じられる部分もあるかもしれませんが、デジタル社会に沿うような形で、ホームページ制作やWEBデザインの競合会社が増えたことで、無料相談や条件によっては格安でWEBコンサル、広報運営をするなど、T-labo含め各企業が進んでサービスの向上を図っているようなのです。

 

以上です。

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ