岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 WEBって何?05

こんにちは。T-labo新入社員のK丸です。

今回でWEB編は第5弾になりますが、WEB編も今日で最終章となります。

 

T-labo社員となって半月ほどWEB編のブログを書いてきました。このブログによって今まで知っているようで曖昧だったことが、改めて理解できるようになり、T-labo社員として少し成長できたのではないかと思っています。

 

今回も前回の『WEBデザイン』と同じく少し専門的なことになりますが、『SEM戦略』についてお話しさせていただきます。

 

SEM戦略について

 

SEM戦略とはSearch Engine Marketingの略であり、検索エンジンマーケティングという意味になります。

SEM戦略にはリスティング広告や検索エンジン最適化などがありGoogle、Yahoo等検索エンジンから自社のホームページに誘導するための対策のことをいいます。逆に利用者の立場から考えた場合には、Web上にある正誤含め無数の情報源から、自らが欲しいと望む情報を手に入れるためには必須の機能となります。この「検索エンジン」はある特定のアルゴリズムを基礎としてプログラミングされることで、利用者にとって最適と判断した情報を、検索されるたびに上位に表示させるものです。つまり自社のホームページを多くのユーザーに見てもらい、有望な見込み客をウェブサイトへと誘導するためには、SEM戦略は大変重要な施策とされているのです。

 

というのも、年々増加するスマートフォンを利用するユーザーは、事あるごとにインターネットを通じて大なり小なりの事柄一般を調べるになっています。それは居酒屋、レストランの予約、時事ニュースを見る、あるいは仕事のためのメール返信や資料作成のためにウィキペディア等でちょっとした調べる事をする…このように考えると、私たちの日常数多くのシーンで、スマートフォンからインターネットを通じて、WEB上にアクセルし、キーワードによる検索で、情報を入手していることに気づかされます。ある意味、WEB世界の広がりによって、ユーザーにとっては、あらゆる情報の流動性が高まった結果、多岐にわたる分野の情報を一時に手にできるという意味にもなり、これらは時間の節約、作業能率の向上、経済的な有益性等につながるので、WEBは手間のかからない万能モノだと言えるものです。

 

しかし、企業にとっては、収拾がつかないほど、換言すると、WEB上には数秒毎といって過言ではないくらいに、絶えることなく情報があふれかえり、入り乱れており、よって数多くの競合他社が存在する中で、自社の製品をユーザーに売りこんでいかなければならないことにもなっているのです。そのように考えた場合に、WEBマーケティングの観点からみて、あるいはもっと根本的な問題としてより多くの新規顧客の獲得のためにSEM戦略は絶対に必要なものとなります。

 

では最後に、SEM戦略においてよく聞くキーワードについての説明をしてみたいと思います。

①SEO②リスティング広告③SMOの3ポイントに分けました。

 

①SEO

SEOとは、サーチ・エンジン・オプティミゼーションの略で、検索エンジン最適化ということです。最初に紹介したSEM戦略の一つといってよいでしょう。つまり、GoogleやYahoo!等の上部にある検索エンジン窓で、たとえば、岐阜県に旅行に行きたい顧客が「岐阜県 旅行」というキーワードを打ち込んだ時に、WEB上により有利な表示のされ方、すなわち自社サイトのホームページを自然検索結果の上位に表示させるように仕立てて、ユーザー獲得を目指す、といった意味です。

 

②リスティング広告

リスティング広告はWEB広告においてとても有効的といわれているものです。別名で検索連動型広告とも呼ばれており、GoogleやYahooの検索エンジンで検索した結果、それらに連動して表示される広告で、また検索結果ページに、広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、クリック数のカウントに応じて課金が発生する広告のことをいいます。リスティング広告の目的は事前にこちらで設定したキーワードを対象として、上記の例でいえば「岐阜県 旅行」のキーワードに対して興味をしめしたユーザーを誘導することです。リスティング広告によって自社サイトに誘導したユーザーの集客動向をアクセス解析することで追跡し、よりコンバージョンの達成をしていくことも可能となります。またPPC広告というものもあり、クリック単位での支払いがされる、いわゆるインターネット広告の課金方法の一つでも安いとされているものです。

 

③SMO

昨今の潮流に合わせてできたWEBマーケティングの一つで、今後かなり期待がよせられているものとして名前が挙げられているSMO。Social Media Optimizationの略であり、ソーシャルメディア最適化という意味になります。これはソーシャルメディアを使った顧客獲得の政策であり、対象としてはTwitterやFacebookなど、あるいはブログ、掲示板を使用しているユーザーが商品の使用感やレビュー等の情報を発信して認知度を高めるマーケティング手法のことをいいます。よく栄養サプリメントや家電について個人ブログを通して情報発信していたり、食べログなどで口コミ評価をしていたりするものがあると思います。それらがSMO戦略というもので、彼らの提言や主張によって商品自体の価値を高めて、購入へと潜在顧客を後押しすることにつながります。

 

以上です。

それでは!

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ