岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 パソコンの仕組み 01

 

 

こんにちは。岐阜で活躍しているT-labo新入社員のK丸です。

 

今日から新たなテーマ「パソコンの仕組み」というちょっとむずかしい話をしたいと思います。

これは少し難しくK丸にとってもかなり難しい作業なのでいつものように5回にわけず、3回ほどでこの「パソコンの仕組み」を終わらせようと思います。

 

そしてこれからパソコンのことをもっと知るようになったら、どんどん深いところまで岐阜の皆さまにも情報を発信していきたいと思います。

 

なぜなら、パソコンの仕組みを知っておくことが、弊社岐阜のT-laboがサービスを提供しているホームページにおいてもかならず役立つようになりますし、岐阜の競業他社に負けないためには、それら他の会社との違いをみせるために、建設関係であろうが、設備関係であろうが、美容関係であろうが、インテリアデザイン専門会社であろうが、解体業者であろうが、すなわち「パソコンについてより詳しく知っている」ことこそが広報を勝ち上がっていく基盤になるからです。

 

さて「パソコン」とは2進数で表されます。

 

われわれの日常生活では10進数になれているので、奇妙に見えるかもしれませんが2進数とはすなわち数字は「0と1」しか存在しないのです。

 

つまり表現は「0と1」ですべて表現され0110や01110や0001などによって情報を送っているのです。

2進数はそもそも「0と1」以外には存在しませんので2となったら必然的に繰り上がります。

あるいはマイナスという要素も考えられません。

 

面白いですよね。パソコンといえば複雑に情報を解析してユーザーのアクションに様々に反応するものなのですが、根源的に考えると、どこまでいっても「0と1」の世界から成り立っているのですから。

 

なぜこれだけの情報量を扱っているパソコンが「2進数」を採用しているのでしょうか?

 

それは「パソコンにとって数字を表現することがかなり好都合」であるからです。

 

そもそもパソコン内部には、さまざまな電子回路が通っており、皆さまも中学校のころに勉強したであろう、「電圧」で数字を記憶していくのです。

 

ところが一昔前までのコンピュータにおいては現在にのように精密な回路が構築されていなかったため、回路の電圧にずれが発生することあったのです。

 

そうなると計算ソフトを導入してもずれが生じてしまえば、計算が間違えることにつながります。

 

よって単純な仕組み、つまり「もし電圧がかかっていなければ0、電圧がかかっていれば1」と設定し、パソコンの電子回路1つにおいて記憶できるのは0か1の2つだけあり、それが数列が無数につらなって情報を計算しているのです。

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

「売り上げをあげたい!」「安い費用でHP制作をしたいな…」「運営コンサルを任せられないかな?」

そんな企業様はぜひ岐阜県岐阜市の「T-labo」にお任せください!

岐阜の「T-labo」は「売り上げアップ」「安いホームページ」「岐阜活性化」の3つを合言葉に、とことん「効果」の上がる広報企画を提案しております。WEBサイト・ホームページ制作のプロとして、岐阜の会社様の集客力・受注率・効果アップの企画をご提案いたします。

「岐阜のブランディング会社といえばT-labo」お客様にそう言っていただけるように日々業務努力しております。

まずは無料診断から始めてみませんか?

https://takai-laboratory.com/contact/#contact

※現在岐阜ラボというWEBサイトにおいて、「岐阜の企業様を応援」というスローガンのもと、岐阜地域の会社様に企業の強みやサービス内容などについてインタビューしております。もし「岐阜ラボにインタビュー記事をのせて欲しい」というお客様はぜひ岐阜県岐阜市徹明通4−5−1大黒ビル2階西・Web制作・企画・運営宛におハガキをいただくか、岐阜の「T-labo」までお電話下さい

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ