岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 ソフトウェアについて03

こんにちは。岐阜を拠点に活動する岐阜市のT-labo新入社員のK丸です。

 

今回で「ソフトウェア」は3回目になります。

 

今日は「ソフトウェア」のなかの「アプリケーションソフト」について説明したいと思います

 

ではまずアプリケーションの定義を説明しましょう。

「アプリケーションソフトは、OSとの対比において用いられる。OSはパソコンが動作するための土台となる機能を提供するものであり、OS上でアプリケーションソフトを動作させることで目的に応じた作業を行うことが可能になる」出典-IT用語辞典

 

アプリケーションソフトはホームページ制作の用語でも使用されています。

 

たとえばホームページにはかならず必要となる「デザイン」

 

このホームページのデザインにはアプリケーションソフトの「写真を加工する」や「色を配置する」などができる「ソフト」が必要になるのですが、このソフトこそがアプリケーションソフトなのです。

 

他にもホームページには

 

「ホームページ制作でお困りの岐阜の社長様!ホームページの企画や制作は岐阜の岐阜市で活躍する「T-labo」にお任せください!」

 

このような文章を書きますが、この「文章を作る」ためのソフトもアプリケーションソフトの一つなのです。

 

アプリケーションソフトの種類は無数にありますが、パソコンを開けて各種ソフトがあると思いますが、あれこそまさにアプリケーションソフトなのです。

 

ホームページ制作で必ず使用するソフト「ワード」「イラストレーター」「フォトショップ」「ライトルーム」・・・

 

あるいは岐阜の企業様でも使われるであろうシステム仕様書を管理するためのエクセルや、フローチャートを目に見える形でプレゼンするパワーポイント

 

これらすべてがアプリケーションソフトなのです。

 

さてここで一つソフトウェアにおいて重要なことをお話しましょう。

 

以前ソフトウェアをハードウェアと関連させて説明しましたが、ソフトウェアとは「プログラムそのもの」のことでありつまりはそれ単体では稼働させることができないのです。

 

よって「手で触れることができる」パソコンやスマートフォンといった機器のハードウェアがなければ、必然的にソフトウェアが起動しないのです。

 

つまりアプリケーションソフトはハードウェアのパソコンがあってこそ起動させることができ、最初はまずハードウェアがあって、アプリケーションソフトは存在しないと考えてもいいくらいなのです。

 

要するにアプリケーションソフトはハードウェア内に「インストール」しなければならず、これはたとえば買いたてのパソコンには上記で紹介したアプリケーションソフトが存在していないわけで、これもただハードウェアには存在しないソフトウェアだからこそ、後々必要となるアプリケーションソフトをインストールしなければならないのです。

 

ソフトウェアはハードウェアがあってこそその働きを充分にこなすことができるのです。

 

以上です。

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ