岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

岐阜のホームページ制作会社「岐阜のT-labo」が教えるコンサルティング業務05

―新人ディレクター奮闘記”の趣旨

 

コンサルティング会社として、岐阜で活躍するT-laboは岐阜の企業様のブランディング力を高める提案をしております。

T-laboの主な業務内容としてはホームページ制作の企画提案、WEBデザイン、広報運営のサポート、ウェブサイト企画などです。

 

“新人ディレクター奮闘記”はそんなWEB業界に詳しいコンサルティング会社T-laboがお送りする「どんな対策をすることで売上アップがあがっていくのか?」から「どのようにホームページを活用していくことで集客があがっていくのか?」といった具体的な手段まで、ウェブで働いている会社だからこそわかる一押しのコンテンツを発信していくブログとなっています。

 

こんにちは。岐阜を拠点として活動している岐阜市T-labo新入社員のK丸です。

 

―本文

 

前回から新たなテーマに移行しましたね。

今回で「SEO対策の検索ランキングとグーグルアナリティクスについて」は第5回目となります。

 

今日は内的SEO対策のなかでも「HTMLタグの最適化」について説明します。

 

「HTMLタグ」のなかでも<title><h1><p>は内的SEO対策においてもかなり重要なタグとなっています。

 

内的SEOを振り返ると、SEOは大別すると2種類存在するのであり、すなわち「内的SEO」と「外的SEO」と呼ばれるものです。

 

そのなかで内的SEOとは、「自社ホームページ」や「ブログ・コンテンツ」内で、検索結果を上位表示させるために必要な最適方針のことをいいます。

 

そしてその内的SEOは数あるものになるのですが、そのなかでも「HTMLタグの最適化」の重要性はかなり見逃されやすい部分ではありますが、検索ランキングに直接影響及ばすといってもいいほどなのです。

 

なぜならGoogleの検索ランキングを決定しているのはあくまでも「ロボット」です。

 

よって<title><h1>のように先頭部分にくるものはロボットが「重要なものである」とみなす傾向があるので、これらのタグには引っかかりやすいキーワードを含め、できるかぎり前方に配置することが効果を与えるものとなるのです。

 

皆さまに説明していなかったかもしれませんので<h1>について改めてお話しましょう。

<h1>のhはheadingの頭文字をとったものとなります。

 

つまり「ホームページ」や「ウェブサイト」の見出しを意味するものとなります。

 

そもそも見出しには<h1>、<h2>・・・と全部で6種類のものがあり、<h1>、<h2>のように数字が小さくなるほど、より階層としては高い見出しとなってくるのです。

 

ロボットが「重要なものである」と認識させるには、これら見出し、つまり<h1>、<h2>・・・の体系を正しく整理させることで、Googleの検索エンジンはどのよな階層的な秩序をもっているのか、構造をより把握するようになるのです。

 

要するに<h>タグは検索エンジンに対して、ホームページやウェブサイトのページの見出しがいったいどれを指示するかのマークとなってくるということです。

 

よって<h>タグを整理することで<h>タグによって示される見出しが整頓されて、検索エンジンはホームページやウェブサイトのページ内容の論理構造をより認識しやすくなるのです。

 

だからこそ、<h>タグを整理し、例えば岐阜のT-laboで考えると、その見出し内に「岐阜」や「ホームページ」や「制作」などのキーワードとして設定しあるものを入れ込むことでより検索エンジンのロボットがキーワードとして拾いやすくなるということなのです。

 

ただし、ここで一点注意があります。

 

それはHTMLタグの中に「岐阜」や「岐阜市」といったキーワードを詰め込みすぎるとロボットによってスパムと把握される危険性があるのです。

 

よって、ホームページのコンテンツの質に関わることですが、とにかく「ユーザーに読みやすい」文章を作ることを心がけるのが大切なのです。

 

余談にはなりますが、私が最近調べたなかで効果的と呼ばれている新たな外的SEO対策についてご説明しましょう。

 

それが「被リンク」と「発リンク」です。

 

「被リンク」は、自社のホームページやウェブサイトのURLが、他のサイトに貼られていることをいいます。

たとえばT-laboのホームページのURLがコンサルティング契約をしていただいたサイトページに記載されているような状態です。

 

「発リンク」は逆に他のサイトのURLが自社のホームページに記載されてあるものです。

上記の例えを言い換えるなら、弊社T-laboが制作したホームページのURLを自社のホームページ内(すなわち弊社T-laboのこと)に紹介して張るといったことです。

 

この「被リンク」と「発リンク」については今度のブログのテーマにしようと考えていますので、詳しくは次回以降をご確認いただくのがよいかと思います。

 

※T-laboから「新人ディレクター奮闘記」の読者のお客様にお知らせ

 

皆様は「岐阜ラボ」という情報発信WEBサイトを知っていますか?

 

「岐阜ラボ」は「岐阜の魅力」をもっともっと知っていただきたい!そんな想いで岐阜の企業様に弊社T-laboがインタビューを敢行しているものとなっています。

 

詳しくは

058-215-5105、「岐阜ラボ」取材係までご連絡ください。

 

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ