岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

岐阜県岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」がお送りする”SEO手法”05

こんにちは。岐阜の岐阜市を拠点にかまえるT-labo新入社員のK丸です。

 

今回で「SEO対策の検索ランキングとGoogleサーチコンソールについて」は第5回目を迎えます。

 

さて今日はサテライトサイトという本ウェブサイトとは別に制作したホームページやサイトについてご説明しましょう。

 

サテライトサイトとは、簡単に言ってしまえば、今回のテーマと関わりのある『SEO対策』に劇的な効果をウェブサイトのことです。

(ただしそれ以外にもターゲット層を広げるために制作するという意味もありますが)

 

「SEO対策」という観点からすると、サテライトサイトという本サイトに関連したものによって、リンク目的で制作することがあります。

 

サテライトサイトを制作するさいは別ドメインを作成します。

(ドメインとはURLの「www」つまりホスト名に続く「ネットに存在するホームページやウェブサイトなどを識別するための名前」です。すなわち岐阜のT-laboで考えるなら「takai-laboratory」という部分です)

 

そのときサテライトサイトのほうから、本ホームページへと被リンク設定することによって、被リンク数を増加させることができました。

 

ただしよくあるのが、本ホームページの被リンクを張るサテライトサイトが「品質の低い」「ユーザーに有益ではない」ウェブサイトがたくさんある事実です。

 

つまり目的として被リンクを張るために作成されたサテライトサイトということなのです。

 

たとえばリンク集サイトのように、有益なコンテンツが挙げられていないようなサテライトサイトです。つまり、サテライトサイト側から考えると1ページ内のコンテンツに「読者が読みたくなるような内容が皆無であり「発リンクだらけ」の「サイトマップ」に近い構成になってしまい、グーグルが評価するはずの情報価値を何ひとつ持っていない状況になっているようなものです。

 

これらサイトマップ状態にあるホームページでは、ほとんどすべてコピーコンテンツと認識される可能性もなきにしもあらずといえます。

 

グーグルからしてみると「コピーコンテンツ」とは「ページ品質が低い」と認められるようにアルゴリズムで決定されており、サテライトサイト側が「被リンク元」としては適切ではないと判断され、その被リンクを提供した側のホームページの価値が下がる可能性があるのです。

 

つまり被リンク効果が完全に失われてしまうという結果になっても仕方がないということなのです。

 

そのため、サテライトサイト側、また被リンクを提供する本ホームページ側も質を大いに高める必要があるということになるのです。

 

とくにサテライトサイト、つまり被リンク元のサイトの質を向上させなければならないのです。

その方法としては、被リンクを集めるだけの「無機能」なサイトにするのではなく、『オリジナルコンテンツ』をどんどん制作していくこと、またリンク集のテキスト部分が定期的に追加、削除をおこない書き直す、そしてコンテンツ全体の更新を定期的におこなっていくことが必要となってくるのです。

 

つまり、上記のようなホームページを複数所有することにより、(このためにはホームページで提供するコンテンツ内容を少しずつ変化させる必要がでてくるわけですが)、SEO対策用の被リンクサイトをどんどん生成していき、一本の幹から枝状に分かれていくように、「ホームページ制作についてのこと」を専門に書くウェブサイト「岐阜とホームページをキーワードとして入れ込むことができるようなウェブサイト」を運営していくこと、これらがつまり被リンク対策として効果的なものとなるのです。

 

以上のことをまとめると、現在の状況を加味して考えるならば、(つまりGoogleがホームページ自体の品質が良いのか悪いのか?といった細かい部分をアルゴリズムにより規定したり、クローラーによって認識させたり、どんどん取り締る時代になってきたということ)、「品質の低い」、「更新がほとんどなされていないサテライトサイト」は、SEO対策のマイナス要因になるのです。

 

そのためサテライトサイトは被リンク対策としては効果的ですが、運用されていないとなるとなんの意味もなくなってくるということです

 

さて今回のGoogleサーチコンソールとサテライトサイトとの関連性で述べるならば、そのサテライトサイトをGoogleサーチコンソールによって、「サイトについている被リンク」つまり発リンクの質が調べられるようになっています。

 

たとえばホームページ内にどれくらいの被リンクがあるのか?また被リンク元サイトのドメインの質、さらにはホームページ同士の被リンク数比較・・・

 

これらすべてをGoogleサーチコンソールによって調べられるようになるのです。

 

※T-laboからのお知らせ

コンサルティング会社T-laboが運営する「岐阜ラボ」が今年8月よりスタートしました。

「岐阜ラボ」の趣旨としては岐阜で活躍する岐阜の企業様を弊社T-laboのスタッフがインタビューに伺い、サービスや魅力などを聞き出し、岐阜で暮らす方々に発信していく情報発信サイトとなります。

 

取材はすべて“無料”で受けさせていただいておりますので、岐阜で活動している方で少しでも興味のある方はぜひとも弊社岐阜のT-laboまでご連絡ください。

 

「岐阜ラボ」をご覧になりたい方は以下をご覧くださいませ。

岐阜をもっと知ってもらいたい!情報発信サイト岐阜ラボ

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ