岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 デザインって何?01

こんにちは。T-labo新入社員のK丸です。

今日から、『デザインについて』のお話を5回に渡って更新していきます。

 

では最初の回ということで、全般的なデザインの大枠について今日は話していきたいと思います。

 

T-laboは起業してからまだ幾月しか経っていませんが、WEB制作のプロ集団としてこれまで多くの企業様に向けたホームページを制作してきました。

 

そもそもホームページを作るというのは、前回から少しお話してきたと思いますが、会社の広告塔、いわば会社の顔ともいうべき大切な意義・目的があります。

 

従来、商品を売り出すために、何よりも新聞・雑誌・チラシなどの紙媒体やラジオ・テレビCMといったマスメディアで大きく取り上げることで、認知度が上昇し、顧客が商品を買っていくという流れがほとんどだったのですが、宣伝費用が高く、また一方方向の情報配信であったため、顧客のニーズに合わせたものは少ないといわざるおえない状況でした。

 

しかし、近年ではインターネットが普及したことによって、ネット上に企業のホームページが作れるようになったため、手軽に商品の宣伝ができるようになり、宣伝費用を抑えた大々的な商品パンフレットの役目を果たすようになりました。そしてSEO対策をしっかりと行えば、ホームページを制作するメリットが格段に上昇して、売り上げに直結した効果が出るようにもなるのです。つまりマーケティングという観点から見てもホームページというのは重要な対策といえるのです。

 

そこで大切になるのが、ホームページのデザインの善し悪しです。

なぜなら、インターネット上では同じ職種の競合相手がものすごく多く、しのぎを削りながら争っているため、自社ホームページにより長く滞在してもらうためには見映えがするものではないといけないからです。見映えといってもただ派手にすればいいであるとか、おしゃれにすればいいという表面上の問題ではなく、内的SEO対策のところでも紹介したと思いますが、ユーザビリティを考えて、ホームページ内の環境を整え、情報内容も取捨選択したものをのせていくようにしなければなりません。

 

ではどのようなデザインが良いものとされているのでしょうか?

しかし、一概に『良いデザイン』といっても、ある程度のものであるならば、いわゆる正攻法の手といわれるものは存在しているのですが、見る観点の違いで、やはりそのホームページのデザインが『本当に価値があり良いものである』とはっきり明確化できるような基準はありません。つまり企業によって独自のカーラーの違いは当然あるものですから、デザイン上の見せ方や構成、色使いなどそれぞれ多種多様なものであり、企業に合わせてそのホームページをデザインしていかなければなりません。そして、作り手のデザイン会社によって作り方や手法の違いはあり、相互の話し合いを重ねて行くうちに、企業とデザイン会社との間に生まれる絶妙なマッチングにより、その制作物の良さが大きく変化していくのです。

 

例えばT-laboの場合ですと、ホームページを制作する際には、契約した企業様への事前ヒアリングを通して、どのような部分で他企業との差異化がはかれるのかであるとか、商品のどこを強調して売り出していけばユーザーによい商品であるという印象をもってもらえるかなど、企業様の強みをしっかりと聞き出して価値のあるデザインをご提案させていただいております。また企画からデザインまで全て丸投げしてもOKであり、T-laboの社員が若いながらも培ってきたマーケティングの専門知識を活かして、企業様の良さがユーザーにしっかり伝わるような見せ方・企画を考え、それを活かしたデザイン・構成にする事によって本当に価値のある制作物を作っています。そして何よりも強調したい点…それはT-laboでは、ホームページという制作物を作る際には、枝葉末節な部分を含めて、念入りな打ち合わせと企画構成をとても大切にしており、もっとも時間をかけて行います。打ち合わせというのは会社の企業理念はもちろん、社長の想いなどをヒアリングし、それらを目に見えるような形にする事によって、他のデザイン会社ではできない『良さ』をしっかりと打ち出す事ができます。つまり〝心に響く企画構成“この点を重要視しています。

(サラッとT-laboの売り込みをして申し訳ありません…)

 

上ではT-laboの話をしましたが、他のデザイン会社もそれぞれ自己流の作り方があり、他社とは違ったオリジナリティあふれる制作物を作っていると思います。そのため、もし企業様が新たにホームページを作りたいと考えており、WEBデザイン会社を探しているのであれば、まず自分の企業の特色をしっかりと把握していないといけません。というのも、どのようなホームページを作るかによって、デザインを制作していく進行のプロセス、例えばヒアリング重視にしながら行っているのか、時間をかけて凝ったデザインを制作しているのか、とにかく安さを重視しているのか、などが違っており、自社の売り込みたい部分とWEB会社が得意とする分野に隔たりがあるものといけないからです。つまり、本当に質のいいホームページのデザインを目指しているのであれば、企業側にも“見る目”が必要であり、慎重に選んでいかなくてはならないのです。

 

次の回では、T-laboが行っているグラフィックデザインについてお話したいと思います。

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ