岐阜でホームページ制作・企画・運営から、WEBデザイン・ウェブサイト企画まで行っている岐阜市のホームページ制作会社「T-labo」!

blog

T-laboブログ

新人ディレクター奮闘記 デザインって何?03

こんにちは。T-labo新入社員のK丸です。

今回で「Webデザイン」についての連載第3弾になります

今日は「Webデザインをしていく際に大切になる用語」についてお話してみたいと思います。

 

なんで用語なんて覚えないといけないの?という声が聞こえてきそうですが、WEBについてのやりとりをしようと思ったらお互いに齟齬をきたさないようにある程度の知識は持っていたほうがかなりのメリットがあるように思えます。

 

例えば、T-laboのほうが「こんなホームページにしようと考えているんですがどうでしょうか」といったふうに、構成や設計した図面をお見せしたり、提案したりする時にはどうしても専門用語を交えてお話することもあると思いますし、「少ない時間で大きな成果を上げる」ためには絶対にあって無駄にならない知識だからです。

そのため用語の理解は少なからずお客様にとってもデメリットになるようなことはないかと思われます。(といいながら、経験も知識も浅いK丸が個人的にこの場をお借りして勉強させていただきたいな…なんて考えたりもしているのですが、、、)

 

ホームページのトップページには、大きく分けて5つの部分があります。

1.ヘッダー

2.グローバルナビ

3.メインビジュアル

4.コンテンツ

5.サイドカラム

6.フッター

 

そしてトップページのデザインを基づいて作成するものが、(中層)下層ページといいます。(下層ページについては次回に説明する機会を設けたいと思っています。)

 

ではそもそもトップページとはなんぞやという疑問。

インターネット上に表示されるホームページのいわゆる「玄関口」であり「サイト全体の顔」といったところ。つまり、商品を説明するチラシ、パンフレットの役割をしているとも言えるでしょう。もう少し詳しく説明すると。階層構造を有すホームページにおいて、各ページへのリンクを表示し、太字テキスト(テキストリンク)やバーナー広告やメールフォームをクリックすることで、サブページ(下層ページ)へと誘導する、ウェブサイトの最上位のウェブページをさします

 

そのため、顧客がこのページをみた印象によって、次の下層ページへと移動するかどうかが大きく左右されます。もっといえば、検索エンジンからトップページにきた人の印象がトップページをみて、「ちょっと分かりにくいな…」という悪印象を持たせるようなことがあるとその次のステップにさえ進めないこともあるのです。

 

とはいうものの、注意しておきたいのが、検索エンジンからトップページにくることがすべてではないのです。実は検索エンジンから下層ページに直でくることもあるのです。そのためトップページ・下層ページのどちらもグラフィックデザインなどを使いこなしてクオリティーをアップさせて全体の印象を向上させていくこと大切です。

 

次に5つの部分について説明しましょう。(本当はホームページの切り取り画像があったほうが便利かと思うのですが、今回は言葉で説明します)

 

1.ヘッダー

ホームページの上部にロゴ画面や画像、テキストなどを集めて表示する部分領域です。(ホームページを作成する HTML文章では <head>~</head>と入れるところです。)一般的には全ホームページ、もしくはトップページ以外の下層ページに共通で表示されるパーツとなります。ヘッダーの重要性は、まずWEBウェブサイト全体を記憶に残るように目立たせ、会社のイメージを訴えかけることにあります。通常、会社のロゴなどもヘッダーに置いたりもします。また下層ページに共通で表示されるパーツとなります。

 

2.グローバルナビ

グローバルナビ(グローバルナビゲーション)とは、ホームページにおいて基幹ページに誘導するためのWebサイトの全ページに共通して設置された案内の役割をもつリンクをいいます。メインメニューとも言います。グローバルナビの役割としては、会社概要やサービス紹介などWebサイト内の主要なページにリンクされることであり、Webサイト内のショートカット機能として活用することが一般的です。ページ上部、あるいは左カラムに設置されているのが一般的です。

 

3.メインビジュアル

トップページや各ページで一番目立つところに位置に大きく配置されたイメージ画像やイラストなどを指します。HTML5やJavaScript、SVGの普及により、様々な効果のついた動きのあるスライドショーのようなメインビジュアルを採用するケース多く見られます。

 

4.コンテンツ

そのページの主情報で、メインビジュアルの下に入る文章や画像です。サイトに掲載されている一つ一つの情報であり、具体的には会社がやっている業務紹介や扱っている商品の紹介をするページのことです。

 

5.サイドカラム

サイドカラムとはホームページのレイアウトのバランスを整えるために、Webページ内をいくつかの領域に分割した時のメインカラム以外のカラムを指します。その中で左サイトバーもしくは右サイトバーにする時には2カラムといい、左・右両方にサイドバーを配置する時には、3カラムといいます。サイドカラムにはサブメニューや外部リンク、バナー広告などが設置されます。

 

6.フッター

Webサイト下部に表示される共通パーツのことをいいます。先ほど紹介したヘッダーと同様、全ページ、もしくはトップページを除いた下層ページに共通でつけるのが一般的です。メインコンテンツとは違うページへのリンクを掲載することが多いです。

 

以上になります。

次回は下層ページについてお話をします

売上が上がるホームページとは!制作実績はこちらから

T-laboのここがいい

T-laboってなにしてくれるの?

お客様の声

代表あいさつ

お問合せ